イトウタカシの日常

RSS     Archives
 

就活の想い出。

 
就活かあ・・・。
ボクもその昔やったなあ。
当時はメールエントリーとかスピーディな手段がなかったので、
いちいち電話でアポイントを取り、
日時をあわせて訪問するスタイルであった。
しかもケータイ電話もない時代、双方の連絡も大変だった。
試験の段取りとかも一度の電話で、
全て漏らさず決定してそれをミスなく遂行していかなければならなかった。
東京の会社での面接が日をまたいで長引く時なんかは、
滞在先のホテルに連絡してもらうようにお願いしたりして、
会社から電話連絡が来ないときは、
こちらからお問い合わせの電話したりして、
『いかがなりましたでしょうか?』なんて結構気を使った覚えがあるな!
だって合否の連絡は電報の時代だからね。
それでも就活を通して少し大人になった自分を感じたのも確かだ。
そ〜言えば、その時お世話になったビジネスホテルは・・
今もあるかいな??
え〜〜っと上野のサンターガスホテル。
・・おおっあるある!まだあった!
いやあ記憶がさらに蘇って来たぞ。
そうそう毎日緊張してたので部屋ではバタンキューだったけど、
狭い部屋で一張羅のスーツを着て気合いを入れていたのを思い出すわ。
今度、上野駅近くに行ったら訪ねてみるかな・・。


スポンサーサイト
 

しょうやの思い出。

 
しょうやの思い出。
“しょうや”とはメンコのこと、この地方(愛知県)では、
縦6㎝横4㎝くらいの厚紙でできた長方形の紙の事をしょうやと呼んでいた。
その表面には当時のスターとかが印刷されていて、
今でゆ〜カードゲームのようなモノだった。
ただ違うのは、遊び方がカードを地面において、
他のカードでお互いに叩きあって裏返すとゆ〜、
実に単純なものだった。
しかしそこに手持ちのしょうやを賭けてやるもんだから、
非常に盛り上がったもんだ!
叩き付けるカードを自分なりに削ったり磨いたりして作ったりしてね。
みんなでコンクリートの玄関のある家に集まってしょうや大会が始まるのである。
強い子はみんなからしょうやを手いっぱいに巻上げて誇らし気に帰るのである。
ボクはと言えば、小学生の低学年だったのだけども果敢に上級生のオニーちゃんに、
それもメッチャ強い子に挑戦してコテンパンに負かされて、
持ってるしょうやをゴッソリ取られてたなあ・・。
いつも落ち込んだけれども、それ以上に悔しくって、
なんとか勝てるように叩き付けかたの練習をしたり、
強いカードの作り方を教えてもらってそのように作ってみたり、ね。
そして次の日も次の日も挑戦するんだけれども・・。
連戦連敗でボクはいつも全てのしょうやを取られて終わるのであった。
いつかは、と思っていたある日、そのいつも負けてたオニーちゃんが、
ボクのウチにしょうやを手に持ちきれないくらいいっぱい持ってきて、
『もう、しょうや、やめるから、やるわ』っと、
うれしさと戸惑いで『なんで?』としか言えなかった。でもオニーちゃんは、
『もう、しょうや、やめるから、やるわ』と繰り返すばかりだった。
それで、たくさんのしょうやとあこがれの勝負しょうやを手に入れたボクは、
次の日勇んで戦場に繰り出したのであった!!
・・し、しかしだ。またまた違うオニーちゃんに完膚無きまで痛めつけられ、
すべて取られちゃうんである・・。その後しばらくして、
しょうやの人気もなくなってみんやらなくなってしまった。
うん、なのでしょうやの思い出は取られぞんの思い出である。
でも、いろんな事を学んだ思い出でもある。
 

仕事のスタイルは一変しましたね。

 
手仕事。と言える仕事、なくなったねえ。
そもそもボクの仕事(グラフィックデザイン)は、
手仕事じゃなきゃいけないのだが、
パソコン導入とともにガラッと変わっちゃったね。
それによって改善された部分もたくさんある。
カンタンにいろんな図形が描けるようになったし、
デザインを仕上げるスピードも格段に早くなった。
そして、色換えのバリエーションなんかもポンっと出来ちゃう。
ホント便利な仕事環境になった。
しかしそれによって描いたり、切ったり、貼ったり、の作業がなくなった。
上手くいったりそうじゃなかったりの一喜一憂する気分も味あわなくなった。
スキルアップしていくワクワク感もなくなった。
なにより確実にアタマ、使わなくなったね。
そうそう、手を使う事は頭も働いていることだもんね。コレ大事だよな。
仕事はカンタンベンリになったけれど、頭を使わなくなったボクは、
どんどんバカになってきたのだろう。たぶん。
・・あれっ?正三角形ってど〜描くんだったっけ?
 

藤が丘接骨院。イイッス。

 
接骨院にあしげく通っているせいで、足の調子がすこぶるよろしい。
快調快調。週に1回は診てもらっているのだが、
患者さんはほとんど年配だ。しかもみんな状態がヒドそうだ。
ボクなんか軽い方かもね。
先生曰く30歳から筋肉は弱っていくそうだ。
なので30過ぎてからいろいろ無理をすると、
ダメージをそのまま体が受け入れて痛みとなって現れるのだってさ。
そ〜だよね、30代の頃なんてチト無理したってどってことなかったもんね!
だから患者さんはほとんど40代以降。
いやあ、つくづく思うね。若いってスバラシイことだね!
気持ちだけ若くたって体はごまかせませんね。トホホだけど。
でも筋肉のメンテナンスを施していれば大丈夫!
なので今日も藤が丘接骨院を目指すのであった!!
 

いきなりステーキ、行ってきた!

 
さて、連休最終日。う〜ん今日もイイお天気だ。クッソォ〜〜!
なので、お出かけもしたいところだが、
ゆるりと過ごす事に強い意志を持って?決めたので、
何もしない事にする。ウッとしかし、
食べる物は食べないとな・・。
おっそ〜だ懸案のいきなりステーキがあるではないか!
善は急げ、ちと早いがイオンモール長久手を目指そう!!
・・やっぱ白と黄色の液体も注入したいのでリニモで行く事に。
リニモ藤が丘
午後のリニモ藤が丘駅は人かげもまばら。相変わらず赤字路線かな?
リニモ内
して数分で目的地到着。まあリニモ、こ〜ゆ〜時は便利である。
ココンところの相次ぐ商業施設の建設で少しでも赤字が減るといいんだがね。
イオン外観
ウム、イオン混んでるわ。
イオン内
しばらくお店を見て回り、いきなりステーキへ急ぐ。
行列
お〜〜っと、もう満員。行列も出来ている!みんな早い!
まだ5時を少し過ぎたばかりだぞ!!
しゃ〜ない。ガマンして順番を待つ・・待つ事20分強。
ようやく店内に、お昼を軽くしてコレに備えたので、
もうお腹はペコペコ。ウシ1頭でも食える勢いである。
でもさすがにウシ1頭食うわけにも行かないので、
今日のところはリブロースの310g、
ご飯とサラダのセットで許してやる事に。
ステーキ
ウ〜ン、美味い、美味い。
連休を締めくくるにはサイコーの食べ物であった。
コレで、ウチで、ワインで仕上げれば完璧だわ!
また来てやるから待ってろよ!いきなりステーキ!
 

3連休。お天気イイですね。クッソ〜〜。

 
3連休。メッチャいい天気だ!
クッソ〜先週の蓼科旅行は雨で大変だったのにぃ〜〜!
まあ、イトーは寛大な性格なので、ゆるしてやろう・・。
そして、イイお天気の中文句も言わず、ゆるりと過ごしてやろう!
しかしクッソ〜抜けるような青空と爽やかな日差しだ。
あ〜あ・・・。いや、ゆるりと過ごすぞ!!
まず、雨で汚れたクルマを洗おう。(洗ってもらおうが正解)
そして久しぶりにひのてつで美味い焼き鳥を食おう。
あとは、あくまでもゆるりと過ごそう。
うん?街に出ていろいろなお店を冷やかすのも悪くないな・・。
そ〜だ!いきなりステーキも悪くないな!!
いや、新しい店、開拓するのもイイかも・・。
ウム、腹が減ってきたぞ・・。
やっぱ、肉か・・。いきなりステーキ行ってみるか・・。
こうしてお天気のイイ3連休もアッとゆ〜まに過ぎていくんだろな!
あくまでもゆるりと過ごせないイトーであった。
 

たてしな自由農園。いいところ、でした。

 
そ〜いえば、こないだの蓼科旅行の時、
あまりの雨にドライブも観光もイマイチ積極的になれなかったので、
道すがらにある地元の野菜とかお土産とかがたくさん置いてある
『たてしな自由農園』なるところをホテルで教えてもらって、
たてしな自由農園
なんかオモシロそ〜だったので行ってみた。
う〜ん、ところ狭しと並べられた野菜や果物が圧巻であった。
そしてドレもコレも新鮮で美味しそうだ。(いや、美味かった)
外は雨が強く降っている。しばらくこの空間で品定め&買い物とシャレ込む。
いろいろ見て回っているうちに雨のことも忘れ楽しくなってきた。
恐るべし、たてしな自由農園の作物の威力。
鹿ジン
ジンギスカン。おっ鹿ジン?猪ジン?おっと豚ジン、鳥ジンもあるぞ!
コレは買うしかないね!
他にもハムとかチーズとか、そそられる物がたくさんあるぞ!
おっ、向こうのほ〜にはオサケもあるぞ、おっワインもあるぞ!
蓼科ワイン。う〜ん辛口か・・チト試してみるか・・。
ワインは帰って早速飲んでみたが、良くできているが、
正直葡萄酒の域を超えるモノではなかったな。
やっぱ、ワイン作りって難しいんだね。
でも、たてしな自由農園。とてもイイところでした。
 

蓼科に行ってきた!

 
行ってきたぞ!大雨の中、蓼科へ!
しっかし、ど〜よこの天気。メッチャ楽しみにしてたのにィ〜〜。
ボクがなんか悪い事をしましたか??なんでまた台風??
まあ、天候の事は誰にも文句言えないといえども・・ナニこの雨は!!
狂ったように降る雨の中、無事かえって参りましたと、さ、
さて、始まるぞ蓼科への旅、実況。
行き恵那峡イトー
不安と期待を肩越しに感じ、いざ蓼科へ〜〜!
どんよりと曇り空、時おりザ〜〜っと雨が降る天候の中、
諏訪IC到着。ココから目的地の旅館『蓼科薫風(かおるかぜ)』を目指す。
ホントはお天気がよければビーナスラインをドライブしつつ観光なんだが、
今日はそ〜ゆ〜欲望を全て剥がすようなお天気である。
なので今回の旅は食事堪能と温泉三昧を目的とする事に決めた。
で、蓼科と言えば蕎麦である。うまい蕎麦を食わないでなんとする!
蕎麦福よし

蕎麦福よしネ味噌
蕎麦福よし。諏訪IC近く。・・いままで食べた事のナイこしのある蕎麦。
もちろん蕎麦の風味もバツグン。う〜ん美味し!少し気分が良くなってきたぞ!!
ウシッ『蓼科薫風(かおるかぜ)』に急ごう!!
しばらく細い山道を走り到着!比較的強い雨が降ってきた。
でもなかなかシンプルでこじんまりとしていてイイ雰囲気だ。
出迎えてくれたスタッフも明るくて感じイイ。
これから始まるホテルライフに充分期待できるわい。
蓼科薫風ロビー
チェックイン後すぐに温泉へ!源泉掛け流しが魅力的である。
内湯は男女1つずつ。夜入れ替えでどっちも入る事が出来る。
しかし、どっちも小さいね。4〜5人入るといっぱいってカンジ。
泉質はもの凄く良いね。スベスベになるね。
コレは何回も入りたくなるお湯ですな!!欲を言えば、
もちっと大きいお風呂と露天風呂があるとサイコ〜なんだけどな・・。
泊まったお部屋は、まあ可もなく不可もなくフツ〜であったな。
風呂から上がりのんびりしていると夕食に時間である。
商事前イトー
期待が膨らむイトー。
前菜カマス焼目寿司
前菜。カマス焼目寿司など。見た目の美しさもさることながら、
1つ1つが繊細なお味でとても美味しくいただけました!
前菜でかなり高得点になったところで、
信州黄金シャモと松茸の土瓶蒸し中
蒸し物。信州黄金シャモと松茸の土瓶蒸し!文句なし美味し!
信濃雪鱒の紅葉盛り
お造り。信濃雪鱒の紅葉盛り!キレイ美味し!
蓼科マーブルはイポーと原木椎茸のパイ包み焼
焼物。蓼科マーブルハイポーと原木椎茸のパイ包み焼!
食材それぞれのバランス良し美味し!
辛味大根おろし蕎麦
箸休。辛味大根おろし蕎麦!箸が休まらない美味し!
高原きのこ鍋

高原きのこ鍋中
鍋物。高原きのこ鍋!きのこイッパイ美味し!ホントに美味し!
最後にほうとうも食べて満足満足。大満足。
デザート
いやあ、ココ料理そ〜と〜美味い!料理だけだとボクの中では、
5本の指に入るんじゃないかなあ??盛りつけも良かったしね。
してまた温泉に入りまくって明日の朝食に思いを馳せておやすみなさい!
蓼科薫風テラス
今日も、雨、強し。
蓼科薫風朝食
朝食。ボリュームたっぷり、しかしコッテるわ。
楽しくご飯がいただけるような工夫が随所に感じられますね。
ステキですね美味し!
蓼科薫風朝食後イトー
いやあ、蓼科薫風。お部屋とお風呂の大きさはチト不満だが、
泉質バツグン。お料理バツグン。
また来たいな・・。今度はお天気イイ日にね!!



 

市電の想い出

 
ボクが中学生の頃、名古屋はまだ市電が走っていた。
最寄りの駅から神宮前までたしか25円だった。
その神宮前には少し色気づいた少年がワクワクする
当時の若者の憧れのファッションブランドVANやJUN。
あるいはアメリカンカジュアルの垂涎ものの、
リーバイス501とかコンバースのスニーカーを扱うお店が、
たくさんあったのだ。
なのでお小遣いがたまったら勇んで市電に飛び乗り時神宮前を目指していた。
買い物はいつもドキドキしながらメボしい物を見つけると、
「す、すいませ〜ん。こ、これみせてください」と店員さんに、
ビビりながら伝えるのである。当時、最新ファッションを纏った店員さんたちは、
みんなカッコよくて輝いてみえた。
そしてそこでの会話はとても緊張してたどたどしいモノだったが、
ボクをファッションに目覚めさせファッションセンスを
磨いてくれたことにマチガイはない。
なのでお金がない時も店員さんたちとお話をしたいがために、
往復の電車賃50円だけを握りしめてせっせと神宮前に通っていた。
で、店員さんに「き、きょうはなんかいいものあ、ありますか?」
なんて、おかしな問いかけをしてね。
店員さんたちは純粋で熱心な少年が一生懸命に話しかけてくるので、
しょうがなく相手にしてくれたんだろな。
でも楽しかったなあ・・。
VANの白いボタンダウンシャツにリーバイスのブルージーンズ。
靴はコンバースのバスケットシューズ・・。
コレがボクの宝物だったね。
今考えるとフツーの服を着てるだけだったのだがね。








 

予約とれました。行ってきました。

 
なかなか予約の取れないお店になってしまった焼肉みずの。
美味いし、コスパいいし、雰囲気いいし、ムリもない。
で、ヤットコサッと行ってきた!
ベースの食べたいモノをざっくり伝え、
後は大将のいいなりにお任せで。
白センマイ
まずはいつものように白センマイ刺しで落ち着こう!
キムチ
たまにはキムチ。ここキムチもホント美味い。
さて、落ち着いたところで、肉、である。
タン
タン。薄いのと厚いの。問答無用だ!
ハツミノ
ハツ。薄いのと厚いの。ミノも。威風堂々だ!
ハラミ
ハラミ。いつものイイ部位。一心不乱だ!
フィレ
フィレ。いつものイイ部位。獅子奮迅だ!
いやあ今日も美味かった!
来月分も予約しとくかな・・。と、意気揚々と引き上げるのであった!
プロフィール

taquantaquan

Author:taquantaquan
シアワセにつながることが行動の基本です。美味しいものを食べたり楽しいところへ行ったりする事も大好きです。だから毎日頑張ってます!






検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR