イトウタカシの日常

RSS     Archives
 

コンサートに行ってきました。

 
コンサート
久しぶりにクラシックコンサートを鑑賞してきました。
前回はスタニスラフ・ブーニン演奏の
ベートーヴェンのピアノソナタにいたく感動した覚えがあります。
今回は名フィル(名古屋フィルハーモニー交響楽団)の
400回記念の定期演奏会である。
マーラーの交響曲3番ニ短調とゆーもの。
正直ボクはあまりマーラーは聞いたことなかったけれど、
演奏が始まったら、ウ〜ン引き込まれましたね。
フルオーケストラの生演奏ってのもあったと思うんだけれども、
いやあ、よかったわ!!
フルートとかホルンの音色も効いてたし、
バイオリンはもちろんチェロもイイ感じだったし、
2人のティンパニ奏者の演奏もサイコーだった!
曲に立体感を与える遠くから聞こえる管楽器の演出とか、
ハープの味付けなど、
全てに素晴らしい演奏でした。
マーラー、イイです!
名フィル、ナイスです!
ステキなひとときを過ごすことができました!



スポンサーサイト
 

“道祖神納豆”を食べた。

 
ちょっと前にニュースで「全国納豆鑑評会」なるものが、
あることを知った。でその記事に、
“日本一の納豆は村田商店の道祖神納豆”と書いてあった。
どんな所を審査するかとゆーと、
味・食感、見た目、香り、糸引き・・・だそうです。
まあそ〜だわな、ってコトで、
どうしてもこの“道祖神納豆”が食べたくなって、
早速、村田商店に問い合わせてみた。
案の定、注文が殺到していて、
こちらに届くまでに3週間ほどかかるとの話。
それでもいいと言い12個ほど頼み到着するのを待った。
道祖神
で、ようやく届いた納豆をワクワクしながら試食してみた。
ウ〜ンさすがに美味い!どちらかとゆーと大粒の納豆で、
滑らかな食感と深い味わいがとてもよろしい、糸の引き方も丁度いい。
ボクはホントは、茨城の“舟納豆”とゆー小粒で固めの香りも強く、
噛みごたえのしっかりした納豆が好きなんだけれども、
性格の違う“道祖神納豆”も今回ファンになりました!
いやあ、美味しいものは、美味しいってことだわ!?

http://murata.shoten.com/nb/index-3.html
http://www.funanatto.co.jp/item/


 

え〜知らなかったぁ・・。

 
「え〜〜〜っ、知らなかったぁ」
「あ〜そんなコトがあってもいいのかぁ!」
・・・ってなにをビックリしてるかってえっとぉ、
藤が丘近辺でおいしい魚介類とおいしいお酒が飲めるお店は、
ココしかないと思っている“てんぽいんと”が、
なんと、昨年の11月25日に不審火の火災で、
全焼していたんだって!!
知らなかったわぁ・・・。
そんなに長いこと行ってなかったんだ。
ちょっと反省しちゃった。
しかし、ニュースになったのかねえ、
全焼だから新聞とかにも載ったんだろねえ、
見逃したなあ・・・。
お店のお酒も水槽のお魚も、
みんな燃えちゃったんだなあ、
もったいないし、大将や女将サンの気持ちを思うと、
胸が痛いね。
でも、少し離れた所で新たに営業を再開するみたいなので、
ひとまず安心だ!オープンしたら早速行かなきゃな!
てんぽいんとがなくなったら、大変なコトだったもんなあ、
おいしいお魚はどこで食べればイイの??ってなっちゃうもんね。
いやあ、こないだの藤が丘の高架下の問題といい、
今回のてんぽいんとといい、なんか危うい空気が流れてるなあ・・。
なんとかウキウキワクワクする街のままであってほしいものである。






 

帰りの電車での出来事。

 
そういえば、こないだ帰りの電車で、
1列7名掛けの席に8名座ってしまった。
とゆーか無理矢理に座った人がいたので、
結果的に8名座ってしまったのだ。
そしてボクはその列に座った当事者になってしまったのだ!
もともと7名掛けの席は、今の基準からすると狭い。
6名ぐらいで座るとゆったりだ。
ソコに8名も座っているのだからとても窮屈。
ボクは、本を読む気にもなれず、
ましてやうたた寝をする気分にもなれず、
ただモンモンと『早くとなりの人降りろ〜』と、
呪文を唱えていた。
するとど〜だ、向かいの席からドドッと降車するではないか!!
『ち、ちがうぅコッチだコッチだよぉ』
向こう側の席は3名のみだ。
コッチ側は相変わらず窮屈8名だ。
おぉ、なんとゆ〜コトだ!
こんなアンバランスが許されてイイものか、
そして、となりのネーちゃん狭いんだから、
ケータイいちいち触るんじゃないよ!
ボクの脇をくすぐるじゃないか!あ〜っうっとうし〜ぃ
・・などとツベコベ思っていたら終点藤が丘に、
やれやれ大変だった!マズい所にハマってしまった!
こ〜ゆ〜日は、とっておきのワインを飲むに限る!
っとゆ〜ことで頂きました!
ピエモンテ・バルベーラ
ピエモンテ・バルベーラとゆーイタリアのワインです。
ラベルのイノシシのごとく、
猪突猛進、ガツンと重めのワインでした。
思った通りこんな日にぴったりの味わいでした。
ど〜ぞこれからは、8名掛けにハマらないように!!っと。




 

高架下の耐震効果!?

 
「え〜〜〜っ、困るよソレっ!」
「いつ決まったの??ウンッ」
「去年の年末っ??」
「いやあ、困るわぁそりゃ困るぅ」
・・・何を懸命に困っているかとゆーと、
地下鉄藤が丘駅の高架下のお店が、
耐震補強のために全店退去させられるのだそ〜だ!
そして、その後のことはまったく決まっていないそ〜だ。
で、野球鳥改め(ひのてつ)本店で冒頭のオドロキになったわけだ。
これで藤が丘付近から野球鳥改め(ひのてつ)がなくなったら、
ホント困るんだから!!マジで名古屋市の考えていることは、
よくわからない!もちろん耐震カンケーはわかる。
でもこのままだと賑やかで活気のある街の火が消えてしまうぞ!
聞けば、藤が丘駅周辺の店舗は賃料がチトお高いらしい。
この際、名古屋市!よく聞け!藤が丘駅周辺の空き店舗を
すべて借り上げ退去するお店に格安で提供するってのはど〜だ!
そ〜すれば利用するボクたちとも丸く納まるってもんだ!
愛知万博の時も藤が丘付近は大変なコトになった。
人が集まり買い物したり散歩したり街として成り立っていたものを
一気に壊して人が通り過ぎる駅の機能だけにしてしまった。
リニモの開通と博覧会の開催のことだけしか考えてなかったんだよね。
今回もそうならないとは限らない!
ちゃんとした善後策もなくただ立ち退かせるだけでは、
耐震補強をしたとゆー事実だけが残って、
後は何もなくなってしまうよーな気がする。
おいっ名古屋市!『街づくり』とゆーものを
どのように考えているのだ!ちゃんと答ろ!
おいしい焼き鳥が藤が丘で食べられなくなったら、
タダじゃおかないからな!!







 

ペットビジネスについて。

 
ペットショップへ行くことがある。
ウチのムンチ(猫)のための、
爪研ぎを買ったりトイレの砂を買ったりするためだ。
そこでよせばいいのについ売られている、
犬とか猫を見てしまう。
よせばいいのにってのは時々辛い気持ちになることがあるからだ。
それはカワイイ子犬とか子猫に混じって、
少し成長しすぎちゃった子たちを見つけちゃった時。
こないだも、そんな子たちを見つけてしまった。
もうかなり大きくなった白い秋田犬と
これも猫らしくなっているスコティッシュ・フォールド。
2人とも(?)屈託のない顔をして、
気持ちよさそうに寝ている。
そんな顔を見ていると悲しくなるのである。
「あ〜ぁ早く誰かのところへ行けるとイイねぇ」って。
「どれどれぇ・・秋田は358,000円!猫は168,000円!かあ・・」
「き、きびしいなあ、ちょっと高いなあ・・」
「ウチに余裕があれば引き取っちゃうんだけどなあ・・」
「ズッとここで飼ってもらえよ大人になってもな・・」などと、
ブツブツいいながら店を後にするのである。
ペットビジネスを否定するつもりはないけれど、
売れ残っちゃったペットたちの行く末をハッキリして欲しいものだ!
『白い秋田犬は警察犬としてデビューすることになりました』とか、
『スコティッシュは無事鰹節やさんに買い取られました』とか
キチンと表示してもらいたいものだ。
そうしてもらはないとボクはいつも、
強い憤りを感じながらペットショップを訪れなければならないのだ!
 



 

お休みの日、いろいろ。

 
昨日は、春分の日。お休み。
暖かかったけどあいにくの雨。
こーゆー日はジムでも行って、
近くのスーパーに出かけるにかぎると思い、
まずジムへ、休日といえど水曜日の午前中にもかかわらず、
いやあ、人の多いこと、ジムフロアのみならず、
スタジオもにぎわっていました。
みんな行くとこないんかねえ??
ウン?そ〜かボクもか、そ〜かそ〜か!
気持ちよく汗を流し、スーパーへ!
ココは、最近できた郊外型大規模店。
品揃えが豊富で、大量仕入れでコストダウンをはかり、
新鮮な食品がお値打ち価格で手に入る。
店内も広々としたレイアウトで買い物がとてもしやすいので、
けっこう気に入っている。・・アピタ危うし!!
いつものように、野菜とか果物をカゴいっぱい買って帰ってきました。
しかし思うんだけど、子供の頃食べてた野菜や果物って、
今よりそれぞれの味が濃かったよね!
ずいぶん美味しかった気がする。
キュウリも大根もトマトもみかんもイチゴも・・みんなね!
農薬のせい?それとも生産システムが変わったのかな??
よくわからないけど肉や魚には感じたことないから、
きっと農作物には何か良からぬことがあったんだろね!!
ボクは昔齧っていたジュワッと甘酸っぱいトマトが忘れられないね。
おいしい野菜や果物がリーズナブルに食べられる時代が、
も一度こないモノかねえ・・。
そ〜すると、スーパー行く楽しみも倍増するんだけどね!




 

あるお話。

 
『朝、起きると手足がウマく動かない。
ふと見るとゴアゴアの毛がカラダ中を覆っている。
・・・マズい、どうやらボクはヘンな動物になってしまったようだ。
おそるおそる鏡をのぞくとソコには、
頭がボ〜ンと大きくてのぺっとした顔の真ん中に大きな鼻がついていて、
目もバランスの悪い位置に左右に異様に離れてポチッとある、
突き出た口は歯が2本出ている。
大きな頭に似合わないカラダはボテッと小さく足は短い。
何ともブサイクな生き物が写っているではないか。
ああなんてコトだ!!大きくて逞しい動物ならまだしも
なんだ!この姿は・・。
このままこの姿のまま・・生活していくなんて耐えられん!
たまらん・・・。
ボクは深く悩んだ。そして毎日落ち込んで、
暗い気持ちで暮らしていた。
その日も、いつものようにうつむき加減に、
誰にも会わないように歩いていた。
そうしたらどうやら道に迷ったか、
しらない公園に出てしまった。
「あれっ?」と周りを見渡すと、
ボクの容姿に似たブサイクな生き物たちが、
楽しそうに他の動物たちと話をしたり、
遊んだりしているではないか!
その中の一人がボクに気づいて、
「あれっキミ初めてみる顔だねえ」
ボクは思わず顔を伏せた。
「ど〜したのそんな浮かない顔して」
「コッチへ来て遊ぼうよ」
そこにいたみんなもボクを輪の中に誘ってくれた。
「遊ぼ。遊ぼ。」
「話そ。話そ。」
ボクは、聞いてみた。
「みんなボク可笑しくないの?」
そしたらボクに似ている生き物たちが一斉に、
「その悲しそうな顔は可笑しいよ」
「だからみんなで遊んだりオモシロイ話とかして笑おうよ!」
「そしたらキミ全然可笑しくなくなるよ!」
「そ、そうボク仲間に入れてくれるの?」
「当たりまえじゃないか」
それからボクは彼らと涙が出るほど笑い合ったり、思いっきり走ったり、
ホントに楽しい時間を過ごしました。
そして、今までのことがウソのような、
自信にあふれるボクがそこにいました。』



 

チョコレート1つ買いました。

 
今日は、まさに春の嵐。
風がスゴく強い。午後からは雨も降ってくるそ〜だ。
エラいこっちゃ、エラいこっちゃ!!
でもこうやって1日1日暖かくなって行くんでしょうね。
そう思うと少しワクワクしますね。
さて今日はこないだ食べたチョコをチョコっと紹介(ヴウン!)
チョコ
コレ!北野エースにありました。
人気ナンバーワンだそうです。
“プーラン1848ノアユーテム86%”とゆーフランスの板チョコで、
大きく書かれたキレイな数字のデザインとか、
シンプルかつ格調高いパッケージも気に入ってつい購入しました。
つまりカカオ含有量86%のチョコレートですよってコトで、
とても分かりやすいですね。
そして一口食べると口の中にカカオの香りとほのかな甘みが、
バランスよく広がりとても美味しいのです。
オトナのチョコレートですね。
ちょっとヤミツキになりそうです。
そうそう、こ〜ゆ〜日はこんな苦みばしったチョコを食べながら、
嵐が通り過ぎるのを待つことにしましょう!
 

野球鳥改め(ひのてつ)の教え。

 
昨日は、C画材のHクンと先日のオフクロの引っ越しのお礼もかねて、
野球鳥改め(ひのてつ)新栄店に行ってきた。
ひのてつ
ココは、藤が丘ガード下にある野球鳥改め(ひのてつ)2号店で、
店長をしていたゴッチャン(ゴトーさんのニックネーム)が、
開店から焼いているお店である。
ボクは、このゴッチャンの味のファンで藤が丘に彼がいた頃は、
通いつめてたもんだ。
新栄店は、少し不便なので開店の時に行って以来足が遠のいていた。
で今回、久しぶりで行ってみた。
「いやあ、ゴブサタで」なんて話をしながら、
C画材のHクンとも話が盛り上がりつつ、
焼き鳥をいただきました!
やっぱ、美味いわ。焼き加減、塩加減、絶妙ですわ!
ブログ用の写真も撮るのも忘れて食べまくりました。
ゴッチャンに藤が丘に帰ってきてもらいたいもんです。
まあ、かなわぬ夢ですけどね・・・。
しかし極めれば人はついてくるとゆー教訓ですな!
ボクも、も一度見習った一夜でした!


プロフィール

taquantaquan

Author:taquantaquan
シアワセにつながることが行動の基本です。美味しいものを食べたり楽しいところへ行ったりする事も大好きです。だから毎日頑張ってます!






検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR