イトウタカシの日常

RSS     Archives
 

困った!雨降りの季節がやってきた。

 
やれやれ、めまぐるしく1週間が過ぎた。
そして、気がつけば5月も終わり・・。
梅雨。雨の季節に入るなあ。
ボクは、雨が好きではない。
『雨に唄えば』って映画があったけれど、
とんでもない話である。
雨の中でいい気分で歌を歌ったり、楽しく踊ったりするなんて、
信じられないワケである。
雨の日ボクは、だいたいは眉間にシワを寄せて、
不機嫌な顔で傘をさして歩く。
しかも、最近の雨は降り方が激しい。
いわゆるゲリラ豪雨ってヤツ、
だから、傘を握りしめ足早に歩く。
服が濡れる。歩く。髪も濡れる。全てが濡れる。激しく濡れる。
あ〜ぁ!もういやだ!靴もビタビタだ!
・・・やっぱ今年はカッパを買おう。長靴も買おう。
そ〜すれば少しは雨の日もコワくなくなるかも??
そして歌うのである!
“I'm singin' in the rain”
“Just singin' in the rain” ♬〜ってかぁ〜。



スポンサーサイト
 

村上春樹の新刊について。

 
『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』
村上春樹の新刊である。この小説名古屋が主要舞台なんだってね!
読んでみようかなボクの出身大学も登場するみたいだしなあ。
で、村上春樹が名古屋の街を歩いて感じたことを、
「東京するめクラブ 地球のはぐれ方」とゆ〜本に、
まとめてあるってことが新聞に載っていた。
その中で『クルマ』について語られていたのがオモシロかったので、
紹介しておこう。
「名古屋の道路を眺めていてあれっと思ったのは、メルセデス・ベンツが意外に少ないこと。(中略)かわりに外車で何が多いかというと、ポルシェが多いんだ。それからBMW、フェラーリ(中略)これは結局、名古屋経済がトヨタ自動車という超大企業の影響下にあるからではないかと、僕は想像する。つまり『ベンツなんか買うんなら、セルシオ買えよな』と言われることはあるかもしれないけど、『ポルシェ買うんなら、スープラ買えよな』とはまず言われないだろうし、(略)」
なるほど、納得である。
ボクは、まさに名古屋人であるコトを再認識した。
やっぱ、読んでみるかな!
『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』

 

お気に入り2店へ行っちゃいましたよ!

 
金曜日は、ヤケに疲れたので、
野球鳥改め(ひのてつ)へ、
やたら混んでたけど、
もろもろルーティンをこなし元気に!
やっぱ美味いわ!!
今日のおススメ万願寺唐辛子焼き!
果肉は大きくて分厚く、柔らかく甘味があり、
種が少なく食べやすい、ピリッと辛くって、
暑い日にピッタリだね!
いやあ、満足満足!
して、土曜日は、
焼肉食べたくて、ダメもとで“焼肉みずの”予約入れてみた
お〜っ、ナイスっ、空いていた!
ってことで、
看板
みずのへ!!
はらみ
ハラミ!味わい深くて美味い。
切り出しカルビ
切り出しカルビ!相変わらず美味い。
こりこり
そして、初めて食べた“こりこり”
ウシの大動脈だと・・。
まさにこりこりした食感が美味さを引き立たせるね。
コレいいわ!!また食べるか。
その他いつものメニューもいただき、
「相変わらず美味かった!」などと宣い店を後にした。
充実!?した週末である。

 

来場者数◯万人って!?

 
今、愛知県美術館で、
『プーシキン美術館展フランス絵画300年』ってのを
開催している。で25日で来場者が5万人を突破したそうだ。
めでたく5万人目に輝いたのは、
某美術大学に通う18才の女性とそのお友達の3人連れだ。
思うんだけど、こ〜ゆ〜イヴェントの◯万人目の入場者で表彰されたり、
記念品もらって嬉しそうにTVとか新聞に出てくる人って、
幸せそうな家族だったり、子供であったり、今回のように、
関係のある大学に通う学生であったりと、
何かこうウマく行き過ぎている気がする。
・・・たとえば、窃盗容疑で警察に追われている中年男がいるとする。
逃亡に疲れ、頬はげっそりとやつれ、ヒゲは伸び放題だ。
そろそろ年貢の納め時だと思った男は、
その前に、美しい絵でも見て気持ちに踏ん切りを付けようと、
愛知県美術館へ、周りを気にしながら入場口へ・・。
入り口では、49,999人目をカウントしている係員がいた。
そこへ、いかにも挙動不審な中年男が入ってきた。
係員が5万人目をカウントして、そのヒゲ面の男に近づこうとした時、
後ろから係員の上司と思われる男が、
「あ〜待て待て、あの人にはちょっとお話をお聞きしよう」
「そうそう、その後ろの3人組の女子学生さん!引き止めといて!」
男はその場で事情聴取を受け素直に罪を認めお縄となった。
ってことで、引き止められていた女子学生に係員が、
「お、おめでとうございます!みなさんが5万人目の来場者です」
と周囲に聞こえるように大きな声をかけた。
女子学生たちは少し苦笑いを浮かべたが、
すぐに喜びの表情へと変わっていった!
コレに似たようなこと!行なわれているんじゃないかな??
あくまでも、ボクの空想ですけどね!
 

中央新幹線とか。いろいろと。

 
少し広くなった講師室。
今日は、老眼の話で盛り上がっている。
「アタシなんてメガネ2つ持ってるのよ」
「近く見るのとちょっと先見るのね」とM女史。
「あ〜それは大変ですねえ」
「ボクは遠近両用1つでなんとか・・」とボク。
横から名古屋弁のキツい先生が、
「そんなもんメガネ忘れたら授業できんですに!」
「文字組はスジにしかみえんですもん、カッカッカッ!」
話は変わり、
「そ〜言えばリニア新幹線!全線開業は2045年ですってね」
「そんなんど〜でもイイわよねえ」
「だって、この世にいないもんねえ」とM女史。
「32年後か・・いやまだわかりませんよ!」とボク。
「いやいや、おらん。おったら困る」と名古屋弁先生。
・・・正確には中央新幹線。
東京都から大阪市に至る新幹線の整備計画路線の話である。
東京 - 名古屋間を最速で40分で結ぶそうだ。
東京都 - 大阪市の全線開業は2045年の予定で、
東京 - 大阪間を最速67分で行けちゃうみたいだ。
そんなに急ぐ必要があるんだろうか?
30年後の世の中は今よりもっともっと、
忙しなくなってるんだろうね。
人はますます機械にたより、
走りながらモノを考え、
情報はもの凄いスピードで行き来する。
なんとも落ち着きのない世界が展開されているのだろうな。
一息つくことって大切なんだけどね。
やっぱ、「おらん。おったら困る」か!?
 

ウチの“イチゴ”

 
ウチのイチゴ
またまた、収穫!収穫!
“ふぞろいのイチゴたち”!?
カタチは悪いけど味はイイぞ!
しっかりとした酸味、バランスの良い甘み、
まさにフルーツ本来の旨味を持っている!
珍獣も食らいつくほどの美味しさである。
イチゴの食いつく珍獣

 

電車通勤は刺激的!?

 
電車通勤を続けている。
藤が丘から東山線で栄に出て、
名城線に乗り換える。
ウマくすると待たないで乗れる。
乗り継ぎがイイとね!
でも降りる人をかきわけて走んないと行けないので、
そ〜と〜スリルがある。ってかアブナイ!
今日も“おっ、電車が来てる”っと思い、
ホームへ走った!すると向こうから、
大柄のお相撲さん体型のオジサンが、
向かってくるではないか、
ボクは、右に避けてかわそうとした。
するとそのオジサンなにを思ったか、
ボクと同じ方向に避け前進してくるではないか!
“あぁ〜っ、ボヨヨ〜ン”ぶつかり稽古よろしく
ボクは、オジサンの腹に突進してしまった。
反動で、後ろへ跳ね飛ばされた!
幸い転んだり打撲とかはなかったけれど、
ど〜もあのオジサン故意にやったな!
いや絶対わざとだ!
・・・コレを含めて3度目だ。
1度目は、階段からモーレツな勢いで降りてくる若者に、
肩でタックルされて危うく転びそうになった。
2度目は、小さめの転がすバッグに足を取られ、
ホームにシコタマ膝を打った。そ〜と〜痛かったけど、
怪我せずにすんだ!そして、3度目が今日だ。
電車通勤は、睡眠をむさぼったり、読書を楽しんだりと、
至福の時間を過ごすことができる一方で、
このような危険に遭遇することもある。
まあ、刺激的と言えばそうかもしれないが、
もう、若くない・・気をつけよっと!
あせらず、あわてず、ゆっくりと!だね。



 

“イゾラ”行ってきました。

 
だいたい休日夕食は、ほとんど、
ボクの住む名古屋東部丘陵地にあるお店でとる。
でも、たまに街に出たくなる時がある。
まるで人里に下りるクマさんの気分である。
そして、腹の気分はイタリア料理だぁ!
さあ!美味しいイタリアンを食べにいざ!名古屋駅に!
街
まずは、ビールで舌?ごしらえっと、
ビール-1
そして、目指すお店“イゾラ”へと、
イゾラ入り口
石窯で焼く本物のナポリピッツァの先駆けであるそ〜だ。
入り口は狭いが、
意外に広い店内はほぼ満席でスタッフもキビキビと活気があって、
料理に期待が持てる雰囲気である。ある!
まずは、ワイン。
マンドラロッサ・シラー・シチリア
マンドラロッサとゆーシチリア産のシラーを頼む。
ふくよかな果実味があってしかもガツンとイタリアっぽい、
ピッツァによくあいそ〜なお味である。正解正解!
さて、最初はサーモンのリコッタチーズ添え!
サーモンのリコッタチーズ添え
へ〜ぇ、リコッタチーズって甘いんだ。
まったりサーモンとピッタリだね!コレはイイ!
揚げニョッキ
揚げニョッキ。ニョッキを揚げちゃうなんてね。
アイデアだね。でも香ばしくて美味しいね。
ソースも美味かったなあ・・。
辛いサラミとモッツァレラチーズ(水牛)
さて、ピッツァ!“辛いサラミとモッツァレラチーズ”
チーズを水牛にしてもらった。
いやあ、焼き加減、味加減、生地の美味さ、
全てにユ〜コトないね!おまけに
チーズを水牛にしたので深みも増して、サイコーですね。
カルツォーネ(ピザ)
次は“カルツォーネ”。ピッツァと同じく。美味い!!
マチェドニア(ドルチェ)
ドルチェである。“マチェドニア”。白ワインのゼリーが
味を引き立ててますねえ。
イゾラ。いいです。今度は肉料理もいっちゃおっかな〜!




 

真剣に考えなきゃね!地球のコト。

 
いやあ、5月になったら、連日暑い日が続きますねえ!
やっぱ、日本に四季が無くなりつつあるね。
『四季折々の風情』ってのが死語になりつつあるよねえ。
困ったもんだ!冬が終わったらすぐ夏が来る。っなんてコトになったら
大変だよ。桜の時期はアッとゆ〜間に終わり、紅葉は見られなくなる。
春の味覚、秋の味覚は味わえなくなり、行楽はスキーと海水浴のみ・・・。
こんな日が来るかもしれない。いや冗談ではナイ!
ホント、真剣に考えないとな・・・。
地球メチャクチャにしたのはボクらだもんな!
反省!!
イチゴ
ウチで収穫したイチゴ!
2センチくらいで小さいけれど、味わい豊かで美味しい!
言ってみれば野生のお味。
今時の無個性のフルーツとは違いますね!

 

東部丘陵地の未来はど〜なるんだろう?

 
以前にも書いたが、ボクが暮らす名古屋東部丘陵地は、
開発ラッシュである。
イオンができる、イケアもできる。
住宅開発は進みその周辺には各種商店、レストランなどが、
これでもかとゆ〜くらい沢山できる。
街に活気が出るのはそれはそれで喜ばしいことではあるが、
反面、インフラ整備が出来ていないので混乱を招く。
今も恒常的に混雑している県道60号とグリーンロードはさらに渋滞し、
どうしようもない状況になるのは目に見えている。
そして、頼みのリニモは料金が高すぎて利用する気になれない。
モノを大量に造ったら人が大量に動くとゆ〜単純なことが、
わかってない気がするね!
30数年前ここら辺は何もない見渡す限りの田園風景だった。
ただ、西の空に沈む太陽が真っ赤に輝きとても美しかったのを覚えている。
・・・今は、空もかすんじゃってダメだね。
開発、この位にして自然、残しましょうよ!




プロフィール

taquantaquan

Author:taquantaquan
シアワセにつながることが行動の基本です。美味しいものを食べたり楽しいところへ行ったりする事も大好きです。だから毎日頑張ってます!






検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR