イトウタカシの日常

RSS     Archives
 

手袋落とした話。

 
あ〜っさぶい〜っ!
今日はまた一段と寒い。
夏が好きなボクは寒いのが苦手である。
もう何もしたくなくなってしまう。
今朝は完全防寒で今年初めての手袋もして出かけた。
・・ああ手袋、以前に落としてしまった事があった。
おそらく電車に乗る時にコートのポケットから取り出し、
その時片方だけポロリと落としたのだ。
駅員さんにそ〜ゆ〜わけで手袋を落とした事を述べると、
「あ〜そ〜ゆ〜事でしたら駅長室でお聞きください」とゆ〜ので、
駅長室へと、
「あのぉ、たぶん◯◯駅のホームだと思うんですけど
 毛糸のえんじ色の手袋落としたんですけどぉ」
「ああ、そうですか何時頃かおわかりですか」
「え〜っと、おそらく3時頃だと思いますが」
「ああ、その時間だとまだ今日は“お忘れ物取扱所”に
 届いてないと思いますので明日以降
 ココをお訪ねください」と
お忘れ物取扱所の場所を示したチラシをくれた。
スゴく気に入っていた手袋だったのでなくしてなるものかと、
次の日、受取に必要と記されていた印鑑と身分証明書を持って、
お忘れ物取扱所に出かけた。今は栄にあるみたいだが、
当時は確か市役所の西庁舎だかにあったと思う。
なんとなく陰気くさいドンヨリした雰囲気の部屋だ、
「スイマセ〜ン、あの昨日◯◯駅のホームで
 毛糸のえんじ色の手袋落としたんですけどぉ」
「は〜い、昨日ね、手袋ね、」
なんとなく門番風のこわもてのオッサンが出てきた。
「昨日の手袋のお忘れ物はコッチね」
見ると人が入れそうな大きなビニール袋が3つ置いてあるではないか。
しかも3つとも手袋でいっぱいだ!
「コ、コレみんな昨日のですか?」
「そ、そう昨日の忘れ物・落とし物
 でもいつもより少ないなあ」
ウッカリ者多いんだなあと自分の事を棚に上げて思っていると、
「自由に探してもらっていいので見つかったらよんで下さいね」
うわあこんな手袋の山の中から見つかるのかよ、とブツブツいいながら、
いざ、捜索開始!
あっ、あったぁ〜ボクの手袋ダア!
幸い色が赤っぽかった事もあり意外と早く探し出す事が出来た。
手袋って黒っぽいモノが多いんだね、
ボクのが黒で何の変哲も無いモノだったら大変だっただろうなあ・・。
「あのぉ、見つかりませんでした・・」
「あ〜そう、明日また探してよ、置いてあるからさあ」
「あのぉ、今日も見つかりませんでした・・」
「あ〜そう、残念だったねえ、まだ置いてあるから明日またね」
「あのぉ、やっぱりダメでした」
「あ〜そう、しばらく通ってよ、置いとくからさあ」
・・・なんかヘンなジョブが生まれたかもしれないなぁ。





スポンサーサイト
 

電車の席とリについて。

 
健康のために徒歩と電車通勤を実践している。
電車の中では本を読んだり、睡眠を貪ったりしたいので、
なるべく座る事にしている。
行きは始発なので確実に着席できる。
しかし帰りは途中の駅から乗車するので確率は低い。
ああ今日も満員だ!
そうゆう場合ボクは早く降りそうな人に目星を付けて、
その人の前に立つ。
早く降りる人はまずは降り口に近い席に座るだろう。
奥の方の席に座る人は終点付近まで行くだろうと予測するのだ。
だからボクはドアから1,2席目の人の前に立つ。
この1,2席目がポイントなのである。
1人目の前でも2人目の前でもダメなのである。
1人目と2人目の間、微妙な位置に立つのである。
つまりどちらが早く降りてもスルッとカラダをひねれば、
バッチリ席を確保できるワケである。
それだけではないぞ!後ろの席にも注意をはらうのだ。
駅に着くたびにクルッと振り向いて席が空いたら、
すかさず後ずさりしてサササッと座る。
だけども最近ど〜にもいけないのである。
いつものように1,2席目に立っていると、
3席目の人が降りることが立て続けに起きた。
なので、3,4席目にシフトする事にした。
するとど〜だ、今度は1,2席目の人がピュピュッと・・。
あ〜なんと運が悪い。と、後ろの席が空いた。
素早くサササッと後ずさりする。
おっと寸前のところで、オッサンにとられた!
とゆ〜わけで、ここんとこずっと帰りの電車は、
立ちっぱなしである。
よし!今日こそはと1,2席目の定位置に立つ。
そして念じる“オリロ〜オリロ〜早くオリロ〜”
あぁっイカン押された3,4席目まで入ってしまった!
おぉ、駅に着いたぁ!同時に1,2席目の人が降りたぁ〜!







 

“てんぽいんと”の日だぁ!

 
先週末、久しぶりにてんぽいんとに行ってきた。
えっ!美味いお魚が食べたくなったから・・・。
ボクは、至って単純な構造で出来ているのです。
お店
さてさて、
サービス八海山
八海山、サービスしてくれました!
ほんのり甘口食前酒にはピッタリですね。
ウニ
期待通りのウニ!お酒が進みますね。
お造り
お造り!どれから食べてもグ〜ッですね。
瀧自慢
そしてお酒、少し辛口ですね。
白子
鱈の白子!お味は言うまでありませんね。
サザエ
サザエのつぼ焼き!こりこりがたまりませんねえ。
菊石
お酒、またまた辛口ですね。
牡蠣の天ぷら
牡蠣の天ぷら!フライと違ったさっぱり感がイイですね。
なすの田楽
ナスの田楽!う〜ん味噌が濃厚で美味いですね。
以上!相変わらず、相変わらず。
ごちそうさんでした〜ぁ!

 

まあ古いタイプ?か。

 
電子ブックかあ・・。
タブレットで本を読む時代になるんだねえ。
う〜んボクはやっぱ本は本として、
紙をペラペラめくって読みたいね。
ウマく言えないけどそのほ〜が自然な気がする。
まあ古いタイプ?か。
今、本なんかネットで注文しちゃう時代だけど、
ボクは本屋さんをウロウロしながら本を見たり、
選んだりするのが好きである。
まあ古いタイプ?か。
音楽CDなんかもネットでダウンロードの時代。
でもボクはCD屋さんに行っていろいろ試聴したり、
CDジャケットのデザインを見るのが好きである。
まあ古いタイプ?か。
ニュースなんかもそうだよねネットですぐ見られちゃう、
コレもボクは新聞を読むほうが好きだ。
確かにサイズ的にジャマくさい大きさだけれども、
新聞は自分のスピードで自分なりの情報の仕入れ方が出来るので、
落ち着くよね。まあ古いタイプ?か。
最近はコンピュータを自在に操り、
バババッと素晴らしい絵を描く若者がたくさんいる。
でもボクは手で描く事に拘っている。
まあ古いタイプ?か。
・・・なんとなく世の中マズイ気がするのはボクだけなのかなあ??





 

藤が丘駅前“白樺書店”

 
ボクが住む名古屋の東部丘陵地つまりナガクテは、
どんどん変わろうとしている。
開発が進み新しい住宅がたくさん出来て、
その周辺にはいろいろなお店も出来た。
結果的には人が増え活気のある街になるだろう。
同時に犯罪とか事故とかも当然増えるだろう。
今も、昔から変わらない細い道にクルマがあふれ、
いつも大渋滞している。
あ〜ぁ、まあ仕方ない事かもしれないが、
ナガクテの自然だけはしっかり残してほしいもんだね。
ああ仕方ない事で思い出したけど、
藤が丘駅前のアーケードにあった“白樺書店”が、
この11月15日で閉店した。
たぶん40年以上前からあった本屋さんだ。
こだわりの本屋さんで大型書店には置いてない、
珍しい本とかあまり手に入らない美術書とかがあって、
学生時代からお気に入りだった。
最近は仕事帰りに立ち寄ったり、
休みの日にちょっと本を探しに行くのに、
とても重宝していた。
本、売れないんだろな最近・・。
なんか寂しいな・・。
白樺書店。復活してほしいな。
ボクはこれからどこで本、買えばいいんだろうか・・?
ちょっと暗い気分になってしまいました。

 

◯クロについて思うこと。

 
実はボクは、◯クロで買い物はしない・・・。
ウソ、確かに冬用の部屋着なんかは非常にリーズナブルだし、
リラックスできる作りになっているので重宝している。
しかしあとのモノは、いっさい買わない・・・。
ウソ、◯ト・テックなる下着はなん枚か買った。
理由はカンタン、ボクは冬がメッチャ苦手であることと、
首がしまっているタートルネックのセーターを
ほとんど毎日のように着るので、
薄手の暖かい下着が欲しかったから。しか〜し!
あの◯ト・テック、思ったより暖かくないとボクは思う。
アレ着ても“う〜ん流石に◯ト・テック暖かいわい”と思ったことがナイ。
ボクは“サーマドライ”とゆ〜ニュージーランドのメーカーの、
防寒下着を持っている。値段は◯ト・テックのウン倍する。
しかし、しかしだコレ着るとホントに暖かいのだ!
◯ト・テックと同じように薄手で着心地もよい、
コレで極寒の時期も乗り切れるのだ。とても優れものだと思う。
やはり、値段でアレするのもなんだけれども、
イイものはそれなりに高いのですよねえ。
あと、◯クロで買物したくない理由として、
買い物がオモシロくないことだ!
とりあえずお目当てのモノを探しお値段をチェックして、
レジへ・・。ど〜も買物とゆ〜より仕入れだ。
服を買う時のワクワク感とかドキドキ感がナイんだよね。
まあ、◯クロにそれを求めてはいけないと思うけど、
ホントのファッションメーカーを目指すんだったら考えて欲しいよね。
ココにしかないこだわりの商品が置いてあって、
いつまでもボクの要望とかイメージを聞いてくれて、
自分が気づかなかった提案してくれる、
洋服大好きなショップスタッフがいて、
帰りには楽しい気分になっている。
・・・◯クロにはありえんわな!!

 

えびの思い出。

 
たぶん、おそらく1ヶ月に一度は、
新甫のウナギを食べないと、
死んでしまうか気が狂ってしまう。
それほどファンである。
うなぎ
う〜ん、キモ焼きも控えておるぞ!今日はシジミ汁と共に、
いただこうではないか!
ボクは名古屋ではココのウナギが一番だと思っている。
今日も感動して食べちゃいました。またね〜っ!
さて、満足したところで話は変わりますが、
実を申し上げて、ボクはエビがあまり得意ではナイのでした。
あのプリッとした食感もあまり・・でして、
お味もそれほど・・。ねえ、なんでだろか・・と
考えたところ小さい頃のトラウマが原因のような気がする。
ボクが子供の頃は食料事情もそんなによくなかったので、
毎日新鮮な食材があったわけではなかった、そんな中、
我家でもときどき海老フライとかエビチリとかが食卓に並んだ。
敏感(神経質?)なボクはその臭みを見逃さなかった!
「なんか生臭いよ・・」
「なんか臭うよ・・」
「なんかおかしくない」とアピールしたにも係らず、
すべて無視されて「あ〜おいしかったねえ!エビ」で終了してた。
そんなことがあったからかもしれないが、
未だに好んでエビは食べない。
し、しかしだ。
こんな美味いえびがあったのかとゆ〜体験をしたことがあった。
今から17,8年前の話。
寒いときは寒いとこにかぎる。と訳のわからない理屈で、
冬、福井県の東尋坊を訪れたときのこと、
小雪がちらつく東尋坊へとつながる沿道。
ふるえながら入った魚介類のお店、
「さ〜お客さんこの甘エビ食べてよぉ、コレ食べたら
 他の食べれんくなるよぉ」
まさか、そんなこと・・だってエビでしょ!
しかもこんなち〜さいエビ・・いかがなものかね?
と思いながら、勧められるままに食べる。
「緑色のたまごも新鮮だから美味しいよ
 ズルズルッといっちゃって!」
言われるままにズルズルッと
いやあ、寒さを忘れたね!
こんな美味いエビがあったんだってふるえたね。
イヤな思い出をぶち破ったエビである。
だからボクはエビの中では甘エビだけは好んで食べる。
しかし、あの東尋坊で食べた甘えび以上のものに出会ってないなあ・・。
今年も甘エビの季節であるあの時の喜び、味わえるかなぁ〜。
 

宇宙飛行士ってスゴいな、ヤッパ!

 
宇宙飛行士の若田光一さんは50才か・・。
こないだテレビで訓練風景を見てたんだけど、
いやあ、若々しいね。全てに前向きな感じがするね。
まだ青年の雰囲気が残っている。
なんであんなにイキイキと行動できるのだろうか?
あの溢れ出るような活力はボクにはないな。
まあボクみたいなくたびれたオッサンとくらべたら、
いけないだろうけどね。
ど〜にも羨ましい限りだ。
やっぱ、基本的に元気な人なんだろうね。
体力的にも精神的にも人並みはずれたモノをお持ちなんだろうね。
とくに映像見ててスゴいなと思ったのは、
みんなでミーティングしている時のこと、
50才過ぎてる面々なのに、
誰1人資料の細かい文字を見るときに、
メガネをかけたり、不自然にしかめっ面になったり、
紙を遠ざけたりしないことだ。
つまりみんな老眼とは無関係ってことだ。
う〜ん驚異的な身体能力!感心してしまった。
ボクも扁平足になんかなってる場合じゃないぞ!
若田さん見習って頑張らんとな!


 

『ウンズ』かぁ・・懐かしいね。

 
11月13日は例の高架下の牡蠣のお店のオープン日だ!
ちょっと行かねばなと思い寄ることにした。
まあ、藤が丘だし7時過ぎてるし大丈夫だろう・・と
侮っていたら、なんと人があふれているではないか!
店内にも待っている人がたくさんいる。
あ〜外は寒いし・・失敗失敗うむ諦めるしかないわな!
でもこのまま帰るのもしゃくなので、
近くの“大衆牛たん酒場 べこや”とゆ〜ところに入ってみることに、
確かココ前は龍神って名前の店だったが・・まっいいか。
で、寒いのでおでん、ど〜しても牡蠣を食べるお腹になっていたので、
生ガキ、そしておススメ牛タン、あと美味しそうだったので、
鱈の白子焼き、じゃがバターなどなどを注文する。
おでん各種
おでん各種
生ガキ3個
生ガキ
牛タン炭火焼
牛タン炭火焼
鱈の白子
鱈の白子焼き
じゃがバター
じゃがバターなどなど・・
全体的に少し味付けが濃いね(若者向け?)
合格点だけど、満足のいく料理ではなかったね。
まあ、今日は牡蠣のお店に入れなかったので、
すこし辛口コメントになっているかもね!!
そして、お勘定を済ませお店を出ようとすると
ぐっさん似の店長が、
「あっ今日はソコの牡蠣の店に行かれたんですか?
 申し訳ございませんアソコうちの系列のお店でして、
 ご迷惑をおかけしました」とチラシを手渡し、
「やまとなでしこ、もつ兵衛、Panco-ya、デジトンヤ
 そしてウチべこやと今日オープンのかきえもんが
 グループなんですよ」
「へ〜そうだったの」
・・・そ〜いえば思い出した!今を去ること15年前。
藤が丘駅前の細い路地を入ると、
『ウンズ』とゆ〜その当時流行っていたアジアンテイストな、
オシャレだけどカジュアルにお酒とか料理が楽しめるお店があった。
何となく雰囲気がいいのでずいぶん通いつめたもんだ。
残念ながらウンズは店があったビルの立て替えなどで閉店して、
ボクもしばらく藤が丘駅前から足が遠のいていた。
しばらくしてあのウンズのマスターが藤が丘に、
何店舗か居酒屋を出したと聞いた・・。
しかし、こんなにたくさんのお店を展開しているとは、
いやあ、やり手なオトコだわ!
でもねえ・・なんか足りないんだな、
味とか雰囲気とかなんか普通なんだよね・・。
昔『ウンズ』にあった美味しいモノを食べてる喜びと、
うまい酒を飲む楽しさみたいな実感が欲しいね。
客の嗜好も様変わりする昨今難しいとは思うけど、是非ね。







 

エビの話。

 
いやあ、でてくるでてくる食品偽装問題。
日本人のモラルも地に落ちたものだ!
しかし、エビで見るとブラックタイガーが車海老に化け、
バナメイエビが芝海老に化けたワケだけれども、
同じ調理方法で料理すると専門家が食べても
見分けがつかないほどの味だそうだ。
ましてやチリソースとかフライとかで、
食べればまったくわからなくなるだろうね。
だから偽装なんかせずに、
『お味はプリッと車海老そのもの
 お値段バサッと財布にやさしい
 新鮮ブラックタイガー!
 コレは食べなきゃ!』とか
『このバナメイエビどっから見てもどっから食べても
 ホラッ芝海老!う〜ん美味い
 えっ!コレでコノ値段?
 もう他のもの食べられませんね!』とか・・
隠さないで、正直にやったら案外受け入れられたかもよ〜っ。


プロフィール

taquantaquan

Author:taquantaquan
シアワセにつながることが行動の基本です。美味しいものを食べたり楽しいところへ行ったりする事も大好きです。だから毎日頑張ってます!






検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR