イトウタカシの日常

RSS     Archives
 

ヴァロットン展行ってきました。

 
いやあ、行っちゃいました〜東京!
東京駅
コレ観たくてコレ↓
ヴァロットン入り口
作品はもちろん予想以上の感動モンだったけれど、
美術館がまたイ〜わ!絵を鑑賞するための空間にキチッとなっているわ!
・・どこぞの大きいだけの美術館とは違うね。
三菱1号館
プロムナードからの眺め、ヨロシ!!
三菱一号館美術館出口
1894年の建物を2009年に復元したのだそ〜だ。
しっかりと復元されているので、
歴史の重みを感じてしまう佇まい、いやあスバラシイ!
すっかり気持ちがよくなったところで、
ココにも行ってみました!(まさにお上りさんだね)
スカイツリー
近くで見るとやっぱスゲエや!
スカイツリー下
上ってみてもやっぱスゲエや!
ナントカと煙は高いところが好きとゆ〜けれど、
ボクも好きです。しかし高い!!
スカイツリー中
ヴァロットンとは違う意味でカンド〜しましたな!!
ヴァロットン



スポンサーサイト
 

Gパンの想い出。

 
子供の頃の話。
近所のオニーチャンのはいていたGパンが、
カッコ良くってずっと歩く姿を見ていた事がある。
そのGパンは、太もものところはキュッと細くて、
膝から下にパッと広がっていて、
スラッと足の長いオニーチャンによく似合っていた。
当時は“ラッパズボン”と呼んでいたな。
で母親に「おか〜ちゃんボクもあんなの欲しい!」とせがむと、
「イカンイカンあんな不良みたいなカッコわ」
「第一お前みたいに小さいもんには似合わんよ」
と、けんもほろろ・・・。
ボクはその時、ヨ〜シ小使いとかお年玉とか貯めて、
絶対買ってやると心に決めたのである。
・・さて貯金したお金を持って、
勇んでGパンを買いにでかけた!!
もちろんラッパズボンだ!
アルアルコレコレッ裾の広がってるコレッ!
※当時のGパンは今のジーンズとは違い、
5ポケット型のザラッとした分厚い綿のパンツを
青い色で染めたチト情けないものだった。
でボクが店員さんに、
「す、すいません。こ、これ下さい」
「ハイハイ、あっボクこれ買うの?」
「そ、そうです。これ下さい」
「ハイハイ、じゃサイズわかる?」
完全になめられたカンジだったが、
なんとか試着にたどりついたボクは、
鏡に映った自分の姿をみて愕然とした。
ラッパ部分の半分ほどを折返されて、
とてもカッコいいといえたものではなかった。
見かねた店員さんが、
「ボク、こっちの穿いてみる?」と、
裾の広がっていないGパンを持ってきた。
・・・ってことで結局フツ〜のカタチ、
つまり、ただの分厚い青いズボンを購入して帰ってきた。
なんとも苦いGパンデビューでしたとさ。



 

その①その②その③まで。

 
その①
土曜日の夜は雨模様だったが、
長久手市、夏の恒例花火大会が決行された。
ボクは花火が大好きで、ほぼ毎年浴衣を着てでかける。
だがしかし、雨の中傘をさしながらの花火ほど、
風情のないものはない!だから雨が降ったら延期すべきだ。
・・でも延期とか中止とかするととんでもない費用がかかるんだってね。
まあわかるよ、そりゃあ。でもやっぱ雨の中で見るのはやだな・・。
ってことで今回は行きませんでした。
幸い?ボクの家からチョッとだけ見えるので、ソレでガマン!!
“ヒュルルルルッ、バ〜〜〜ン!”
来年は晴れますよ〜にっと。
その②
おお、回覧板を回さねばな・・。
ウンッ?もう運動会のお知らせか。
ナニナニ子供が減少していて一学区で開催できないので、
二学区合同で開催する事になりましただって・・。
そ〜か・・長久手市は人口が増えているので、
てっきり子供の数も増えているもんだと思っていたが、
知らなかったなあ・・。
少子高齢化の波がわが街にも押しよせてるんだなあ・・。
何とかしなきゃいけない事だけれどもねえ、
子供の未来に希望の持てる街づくりかぁ・・。
ヨシッ、まず子供のいる家庭は、
住民税を半額にしましょう。
そして長久手市の小中学校の学費は全額タダ!
将来その子供たちが長久手に家を建てるならば、
金利なしで住宅ローンを組んであげましょう。
その財源は長久手に沢山住んでいる
裕福な(大金持ち)人から徴収(マキアゲ)しましょう!!
・・残念ながらボクは対象外だが・・。
その③
アピタのクマザワ書店にて。
通勤の時に読む本がなくなったので、
イイのないかなっと物色。
新刊で読んでみたいものは結構あるのだが、
なにぶん荷物になるので文庫本に限って探す。
あ〜コレ早く文庫になんないかなあなどと思いながらね!
で、2,3冊目星を付けレジへ向かう。
ふと雑誌の棚に目をやると・・・。
ペン
あ〜無意識で買ってしまいました!
『Pen完全保存版犬と猫。』
オモシロイ!ナイスな中身!
へ〜、マンチカンのルーツって1983年なんだ・・。
へ〜、最近まで猫種として公認されてなかったんだ・・。
“ムンチっ!我々がマンチカンの歴史をつくろ〜ぜぃ!”

 

誕生日複雑だけど、まあヨロシ!

 
毎年、誕生日はヘンシェン・サトウの鶏丸(若鶏の丸焼き)で祝うのだが、
・・残念!今年の4月くらいに突然なくなっちゃった!!
オジサンとオバさん2人でやっていたお店だったので、
いつまでも元気でず〜っと長く続けてもらいたいもんだと、
思っていた矢先に・・。
あ〜〜連絡先聞いとけば良かったなぁ。
まあでも、2人がなんでもないコトを祈るばかりだ!
ホントに美味しかったんだよ鶏丸!
いやぁ鶏丸だけじゃなく唐揚げも、
もうココの食べたら他で食べられないくらいだったね!
shop03_20140821144218f3f.jpg
お店があった頃の鶏丸画像を記念に載せておこう!
さて、食べられないもんはしょ〜がないってことで、
イロイロ買って盛りつけましたよ!
パーティ
“ジャーン”
まあ、ヘンシェン・サトウの鶏丸には及ばないが、
そこは多品目でカバーカバー!
そして、コレ!
ワイン
P社のF氏絶賛のトゥルノン!オーストラリア産だぁ!とっておきのワインだぁ!!
いつ飲むの?//今でしょ!(ちと古い・・)
写真 4
赤い服は早まった感があるが・・。
楽しく、嬉しく、美味しい夜は、更けていきましたとさ。
 

誕生日。

 
本日、59回目の誕生日を迎えました。
・・子供の頃の誕生日は夏休みだったので、
クラスのみんなに祝ってもらった事がなかった。
休みが明けて新学期に先生が思い出したように、
「おう、イトー誕生日だったんだな、オメデト」
と言ってくれるくらいだった。
でも今フェイスブックのおかげで、
いっぱい友達から“おめでとう”をいただいている。
嬉しいかぎりだわ!
みなさんありがと〜!
しかし、20代の頃いろいろ人生に悩み、
生きる方向を考え、悶々と暮らしていた頃、
たぶん50代になれば全てスパ〜ッと解決できる
分別ある人間になっているんだろうなあと思い、
早く成長した自分に会いたかった。
・・・ところがど〜だ、今の自分。
ちょっとしたことで一喜一憂して、
とても落ち着きがない。
ハラハラしたりウキウキしたりクヨクヨしたりで、
とてもじゃないけどボクが目指すところの、
『人はのぉこう生きなきゃイカンのだよ』的な
泰然自若な人間とはほど遠い・・。
・・まあ・・でもまだまだコレからじゃわい。
精進、精進!!
・・えっ何っ今日はF社のあの特別なワインを開ける??
“イヤッホ〜〜〜〜〜〜ッ”


 

気合いを入れるぞ!?

 
さて、そろそろ現実の世界に戻らねばな・・。
ウム、それにはチト気合いを入れんとな!!
そ〜だ、あるあるある。
P社F氏おススメのアレ!
アグリベイ
コレッ、アグアリベイ、アルゼンチンの
果実実あふれる深い味!!
おっとぉ、アレもあったな!
阿字ケ浦
コレッ、阿字ケ浦、茨城の
焼き芋焼酎。
う〜〜ん。悩ましいところだ!!
アルゼンチン野郎かぁ茨城野郎かぁ
さ〜っどっちだどっちだぁ!!
いや〜〜ぁ、この際、どっちも野郎だ〜〜??

 

水戸な日々。

 
さて、今回は幕末の水戸藩研究の旅。
徳川慶喜だぁ 藤田 東湖だぁ弘道館だぁ水戸学だぁ!!
・・うそ・・。
水戸の親戚を尋ねつつ美しい景色見つつ美味いモンを頂く旅でした。
ああソレと4月から就航した茨城空港行きのスカイマークに、
乗るのも目的の1つでした。
スカイマーク行き
コレコレ手前の。
出発
4時起き、味噌カツサンドと生ビールでテンションあげるイトー。
飛行機は思ったより広くまあ1時間くらいのフライトなので、
ど〜ってことないね。ただ、
CAがなんとなくやる気なさそ〜に見えたのはボクだけかな??
しかし、この空路が出来た事により、
圧倒的に水戸、近づきましたね。よっしゃ〜!ですね。
茨城空港
茨城空港はこじんまりしているが、
水戸市内までバスで1時間ほどの使い勝手の良い空港である。
そば吉
お迎えにきてくれたおばさんたちと蕎麦を
美味い!「天丼もおいしいよ」ってことで、
天丼
食べた。ヒジョ〜に美味い・・すでに食べ過ぎてる。
いろいろ楽しくお話をしていたらすっかり夕食の時間に、
ってことで、おばさんに教えてもらった居酒屋へ、
東照宮2
水戸の東照宮の路地を入ったところ、
“あじへい”とゆ〜お店。
刺身盛り合わせ1
お刺身盛り合わせ、う〜んなかなか新鮮でヨロシ!
馬刺
馬刺とあじへいサラダ、う〜んなかなか濃厚でヨロシ!
焼き鳥
焼き鳥各種、う〜んなかなかの味わいヨロシ!
あ〜ぁ、お腹いっぱい!!・・後は仕上げの・・。
バー
4年前にオープンしたんだって“パドルバー”
写真 2-4
“マルガリータァァ!!”本日終了!
明日は太平洋を見に行くぞ〜。
太平洋はしゃぐ
キタ〜ッ!阿字ケ浦、太平洋、はしゃぐピンクパンツ!!
のぞみから
近くに温泉施設があったので行ってみた。そっからの景色ね!
『のぞみ』ってゆ〜日帰り温泉。
さてど〜かなぁ〜、っと思ったがコレが以外にも、
メッチャいい温泉だった。今度ゆっくり来よ〜っと。
ひたち臨海2
そして、国立ひたち臨海公園へ
いやあ広大な敷地。美しい眺め。ウム気持ちいいわ!!
ひたち臨海
ライトアップされるとこんなカンジらしいね。
4eed6efaa796c07b7b7795cb5c88976d-1030x400.jpg
いやはや、い〜もん見たね!!
テキーラ2
今夜はテキーラで締めましょか。
水戸芸術館
やはりアートに携わるものとしては、
行かないとね、『水戸芸術館』
ココはどこぞの大美術館と違って、
イイ美術展をいつもやっている。
近かったらちょくちょく来たいところである。
鈴木康広
『鈴木康広』とゆ〜作家の個展。
なんてゆ〜か・・宇宙をぐるっとひっくり返したら、
ど〜なるんろう的な発想がオモシロかった!!
・・そして、最後の朝、さてさて今日のニュースはと、
と新聞に目を通すと・・!ゔぇ〜〜っ!!
なんじゃと〜〜!!!!
『10月でスカイマーク名古屋茨城便運休』
最初で最後の飛行機乗っちゃいましたぁ!!




 

予約の取りづらいお店になっちゃった!

 
台風一過だ!ムンチ寝た!ウッシ焼肉みずのだぁ!
「こんばんは、今日も美味しいのヨロシクね」
「あっイトーさん今日は仙台牛のチャンピオン牛の
 ランプの部位のイイのありますので!」
おおナルホド・・とか言いながらも、
何の事かわからずに、まあとにかく今日も、
間違いなく満足できるとゆ〜コトで着席!
写真 2-1
臨戦態勢?
写真 3-1
向こうにいらっしゃるのがハツ刺し
こっちにお控えなのは厚切りタンの切り出し
写真 3
ハツ炙り焼き
写真 5-1
ハラミ
写真 4
そしてそしてコレが真打ち!
仙台牛チャンピオン牛のランプ!!
・・涙が出そうになりました!!
「イトーさんランプど〜でした?」
「いやあ美味かったわぁ」
「ホント美味かったわぁ」
「また美味いのよろしく」
・・みずのに来るといつも言葉を失うイトーであった。
 

TPOですぞ、TPO!

 
Time(時間)Place(場所)Occasion(場合)の頭文字をとって、
「時と場所、場合に応じた方法・態度・服装等の使い分け」を意味する
TPOとゆ〜和製英語があるが、
この概念の発案者はボクの尊敬する「VAN」ブランドの創始者石津謙介氏である。
元々はファッションの場面で用いたものだが、
今は、時と場所、場合にあった物や、行動、ふるまいを
することとゆ〜意味でも使いますね。
ボクはTPOを絵に描いたような??オトコなので、
コレに反した行為を見ると許せないのであります。
たとえば、ボクの通っているジムでの出来事。
「いやあ、今日もイイ汗かいた〜」っと、
シャワールームを出てくると、
ボクの行く手には、ナント!ベタッベタッと
水たまりが延々と続いているではないか!
子供じゃあるまいし床をこんなビタビタにて、
平気な神経がよくわからん!!
こんなヤツは即除名じゃ〜っと!
床を拭きまくるイトーであった。
ったく、ど〜しようもない輩がいるもんだ。
あと、先日の野球鳥改め(ひのてつ)での出来事。
「お〜平日だとゆ〜のに混んでるわい」
などと思いながら、いつものように、
バランスよく炭火で焼かれた鶏肉が、
絶妙の塩加減を伴い口の中に広がる喜びを
静かに楽しんでいると・・だ。
となりのニーチャンが、
店じゅうに響き渡るような音量の声で、
仲間としゃべりだした。
・・いやボクが来た時から大きな声だったが、
飲むほどにどんどんどんどんっと、
100メートル先の人と話してんじゃないんだから、
10センチも離れてないぜ!気ィ〜使えよな!!
こんなヤツは即出入り禁止じゃ〜っと!
野球鳥改め(ひのてつ)での至福の時間を
ぶち壊しにされたイトーであった。
ったく、ど〜しようもない輩がいるもんだ。
・・そ〜だなTPO云々ゆ〜前に“無神経”ってことだな!
いっぺんクスグッってやろ〜かオマ〜ラ!!
ほらっカンジないだろが!!


 

ローマ法王の警鐘!

 
“回線だけでなく人間同士のネットワークを結ぶように”
・・か、なるほどな。
『若者のネット漬けローマ法王が警鐘』
とゆ〜新聞記事に書いてあった言葉だ。
しかし法王もインターネットことは、
『神からの贈り物』と言っているのだが、
その使い方を考えろよ!やりすぎはダメだよゆ〜ことだ。
まあやりすぎだよな1日じゅうケータイ弄くってる若者、
たくさんいるらしいもんねえ。
そりゃローマ法王も心配するわな!!
“カンタン”に情報が入手できて、
“カンタン”に連絡もとれて、
“カンタン”に遊べる。
いろんな事が“カンタン”にできてしまう世界。
そこにハマって行く気持ちはわからんでもない!
でもせっかくだったら若者よ、
“カンタン”の世界を創る側の人をいっぺん目指してみてはど〜だろ〜!
きっと彼らは難しいコトを“カンタン”にするために、
もの凄くアタマを使っていると思うぞ!
そして自分が苦労して創った“カンタン”に
熱中する人々を見て喜びを感じているに違いない。
ど〜だ、クリエイティブだろ、エキサイティングだろ、
・・・まあ、まあね長久手のオジサンの戯言ですがね、
でもローマ法王も頭を抱えるこの環境、
ホント真剣に考えないとね!
よし若者よ今日から調べものは百科事典にしょう!
そしてLINEをやめて公衆電話を使おう!
『ケータイを捨てよ、町へ出よう』・・??



プロフィール

taquantaquan

Author:taquantaquan
シアワセにつながることが行動の基本です。美味しいものを食べたり楽しいところへ行ったりする事も大好きです。だから毎日頑張ってます!






検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR