イトウタカシの日常

RSS     Archives
 

オリンピック大丈夫かなあ?

 
正直、アレを見た時、
『えっコレ?どこがイイの?』と思った。
・・やっぱなあ。やっちゃいけないコトやっちまったなあ!!
ふつう自分が影響を受けた事柄が自分の中で消化して、
自分のモノとしてオリジナルになるには相当時間がかかる。
しかもソレが誰かの作品の場合は特にだ。
ちゃんと考えないと“マネ”と言われても仕方がないモノが出来てしまう。
ボクもホックニーやバスキアや田中一光やいろいろな人の影響を受けた。
ナントカ風なモノもたくさん作った。モチロン習作での話。
で今、善し悪しは別にしてようやく自分風な作品が
作れるようになってきた。
でも毎回、産みの苦しみを味わっている。まあソコもオモシロイんだけどね。
どうやらこの人は、“創作”をラクしちゃった気がするね。
ど〜見てもパクリだね、しかも最悪のパクリだったね。
olympia-poster-1964.gif
しかし、亀倉雄策はあらためてすごいデザイナーだったと思うね!
陸上

スポンサーサイト
 

メンズショップGL

 
ボクが中学生の頃、
“GL”とゆ〜メンズショップが神宮前商店街にあった。
そこはファッションに目覚めたボクをクラクラさせる
商品ばかりを扱っていた。
たとえば“VAN”。当時ココのボタンダウンシャツを着る事が、
憧れであり夢であった。
あと、“Levi's”と“Lee”のジーンズ。
ボクはLeeのジーパンのほうがジェームズ・ディーンが
愛用していたとゆ〜ことで好きだった。
それから、“Converse”のスニーカー。
こんなクッションのいい運動靴があるのかと思うくらい
スバラシイはき心地の靴だった。
いずれにしても中学生にはチト値が張る品物ばかりだったので、
そうそう行けなかったが、お小遣いを貯めて、
市電に乗って“GL”に行き買い物をすることがあの頃のステータスだった。
そして商品を入れてくれたVANの紙袋は、
もうボロボロになるまで使った。
ボタンダウンシャツのルーツもアイビーの意味も石津謙介さんが誰なのかも
知らないただファッションにワクワクしていた中学時代のお話である。
 

大きい声では言えないけれど・・。

 
20年ほど前の話。
ボクは「人と地球にとって快適であること」という、
コンセプトのクルマの前にいた。
そこはメッチャ大きい自動車会社だったのだが、
何かのお仕事で訪れた際に、
ショールームに展示してあったソレと遭遇したのである。
で、担当の方が「コレ電気で走るんですよ」
「正確にはガソリンと助けあって」と、
「コレからのエコの時代はコレが主流になりますよ」と、
今じゃあたりまえのハイブリッドカーだが、
生まれてはじめて見たそのクルマは、
正直カッコわるかった。
ボクは“クルマはカッコだ!”と思っている。
「人と地球にとって快適であること」はイイ事だが・・。
カッコわるいクルマはクルマではない!!
とノドまで出かかった言葉をのみ込んだ。
そしてその場はさしさわりなく、
「へえ、主流ですか時代も変わりますねえ」
なんて会話で事なきを得た。
でも、未だにボクはハイブリッドカーが好きではない。
どちらかといったら嫌い。
「人と地球にとって快適であること」はイイ事だが・・。
エンジン音のしないクルマはクルマではない!!
と叫びたくなるが王様の耳はロバの耳でガマンする。
・・でも・・でも、小さい声で言わせてもらう。
『クルマはデザインとエキゾーストノイズで成り立つモノである』
 

自転車通学。

 
前にも書いたかな・・まあイイや。
中学の頃、自転車通学していた。
たまたま同じクラスになった近所の杉村クンと一緒に。
毎朝杉村クンは『イト〜クンがっこ行こ〜』って呼びにきてくれた。
彼はなんでも疑う事をしらない非常に純粋な子だったので、
ボクはなんか温かい気持ちになれて彼といるのが好きだった。
彼もボクの事が好きみたいで雨の日も風の日もいっしょに登校した。
杉村クンは勉強とかあまり得意ではないけれど、
話がオモシロくて毎日ボクを笑わせてくれた。
時には2人で大声でテレビの主題歌を歌いながら自転車を漕いだ。
1日で一番楽しい時間だった。
そして、その日もいつものように2人は学校へ向かっていた。
ふと、杉村クンが何かを見つけて拾った。
100円札だった。当時は100円は高価であった。
「何じゃコレ?」と杉村クン。
「おりゃ!100円札じゃないか!」と狼狽えてボク。
「ケーサツ?」と杉村クン。
「いや、2人で拾ったんだからボクらのもの」とボク。さらに、
「半分ずつしないとイカンよぉ!」
すると杉村クン「ウン!」と言って、
100円札を真半分に“ビリビリッ”と破り、
「ハイっイトーくんの分」って破った半分をボクによこした。
ボクはど〜していいのかわからず、引きつり笑いをしながら、
やはり交番に届けようと杉村クンからもう半分の100円札を受け取り
学校近くの交番に届けた・・。
その時おまわりさんに何と説明したかは忘れてしまったが、
ボクの言い訳に杉村クンはウンウンとうなずいていたに違いない。
その後、杉村クンとボクは自転車通学を続けたが、
ある日から杉村クンはボクとは違う教室で勉強する事になった。
「イトーくん、今日からボク向こうの教室なんだ」
「でも自転車、いっしょに行こうな」
「ウン、毎日いっしょさ」
「時々、教室来てな」
「ウン、毎日覗きにいくよ」
そこには嬉しそうに仲間とお遊戯をする杉村クンがいた。
 

相変わらずイイ仕事、みずの!

 
お店
今日は明るいうちから“みずの”
「イトーさん今日、スゴいの入ってますよ」
「仙台牛のチャンピオンウシのAのランプですよ」
「コレ取っときましたので、いっちゃってください」
・・涙とヨダレが同時に出てまいりました。
さていつにもまして気合いが入っている大将が出してくれた、
この逸品、仙台のチャンピオン!
チャンピオン
イ、イカンほっぺが落ちた・・。
サービスのチャンピオンのたたき!
たたき
両ほっぺ、落ちた・・。
以下全てに至れり尽くせりの肉たち
タンの切り出し
"タンの切り出し"ク〜〜ッ
ハツ薄厚
"ハツの薄切り、厚切り"ク〜〜ッ
とんしゃぶとんすき
"とんしゃぶ、とんすき"ク〜〜ッ
ハラミ
"ハラミ"ク〜〜ッ
メッセージ
みずののお肉はアートだな。ウム、納得だわ。


 

あんま暑いので猿投温泉行ってきたわ!

 
ウム、梅雨が明けたか・・。
しかし暑いぞ。何もしないでも汗が出るぞ。
そばでネコもグロッキーだぞ。
ボクももう少しでグロッキーだぞ。
こ〜ゆ〜ときはウチの内湯、猿投温泉にかぎる!
猿投
ど〜だ日の高いうちの温泉はサイコ〜だろぉ!
・・温泉で汗を流し、新鮮な野菜を買って帰って参りましたっと!
いやぁホント、猿投温泉イイね!リフレッシュできたわ!!
 

来ました!優良!

 
免許更新
ヤッタ!この日を待っていた。
いつも、もうちょっとってとこで、
いろいろ違反しちゃうんだよね。(運が悪かったとも言う)
で、遠いんだよね、混むんだよね、時間かかるんだよね、
更新する平針の運転免許試験場が・・。
“優良運転者”だとわざわざ1日かけて出向かなくても、
最寄りの警察署でスイスイ〜ッと更新できちゃうの、
あ〜よかった、よかった!
しかし納得がいかないのは更新手数料だ。
自分の免許証だぞ。しかも優良だぞ。
タダでいいんじゃないの?むしろ『立派でございました』と
表彰あるいは金一封くらいしてもいいんじゃないの??
まあいいや、とやかく言っても何ともならんからな。
優良ドライバーを続けよう!
ハイ見つからないようにな!ウン??
 

アピタでひっそりもみじおろしクン。

 
休日。アピタに来ている。
ウン?今日は暑いから豚しゃぶでもしよかと、
豚肉とゴマだれとポン酢を買いに、オッともみじおろしも忘れずにね!
しかしスゴい人だ、長久手は確実に人口増化しているな。
そんな中アピタ、進化してるわ!品揃えも豊富だし、
何と言ってもデリカテッセンコーナーと鮮魚コーナーが充実している。
ドレもコレも美味しそうだわ。・・おおイカンイカン、今日は豚しゃぶ、
豚、豚っと・・おお肉も安くていいのがいっぱいあるわ!
いろいろ物色し気に入った豚さんをカートにつめる。
さてさて、ポン酢、ゴマダレっと・・。
おお高級胡麻ダレかぁ・・。ポン酢もピンキリだなあ・・。
でまあ迷った結果、問題ないレベルのものをカートへ。
ウシッ行くか!おっ待て待て、もみじおろしを忘れているではないか。
え〜っと、ナカナカ見つからないぞ、店員さんも見あたらないぞ、
売り場を所在なくウロウロ回るナガクテのオヤジ。
“落ち着けイトー”と心に言い聞かせてウロウロを続ける。
そろそろ疲れた頃、“あったぁ!”
それはスパイスの棚の一番下にひっそりと隠れていた。
もみじおろしはアピタでは、ないがしろにされていてその存在感も薄い。
しかも1種類しかない、選択の自由もない。
まあ、目立つ花形商品が脚光を浴びる中、
もみじおろしは地味な商品に成り下がったのかな。
表舞台に立てなくなったのもしょうがないか・・。
ボクにとってしゃぶしゃぶのポン酢の主役は、
もみじおろしだったんだけどなあ・・。世の中変わったのかな??
 

や〜、きときとで美味かったわ?ウン?使い方違う??

 
富山の方言で“きときと”とゆ〜“新鮮”を意味する言葉がある。
その“きときと”を屋号にしているお店に行ってきた。
お店
雰囲気よし。期待値あがる。
まずは【先付】群雲寄せ・ばい貝時雨煮他
先付け
むらくもよせかぁ。ばい貝もさわやかでヨロシ!
さて【椀物】トマト擂り流し・もろこし湯葉・じゅん菜
椀もの
いやあ程よいトマトの酸味がヨロシ!
いよっ【造里】 岩がき・白海老入りお造り6種盛合せ
お造り1
岩がきぷりっぷり、白海老とろっとろヨロシ!
つぎに【煮物】穴子柳川鍋
・・・あまりの美味さに撮り忘れ、でもヨロシ!
そして【揚物】白海老のかき揚げ・青 唐・ヤングコーン
揚げ物
富山名物、白海老。イイ感じで揚げられてヨロシ!
で【箸休】合鴨ロース煮
箸休め
はっはっはぁ、箸が休まらないお味ヨロシ!
ここで【焼物】岩がきのグラタン
・・・ハイッ興奮のあまりまたしても撮り忘れ、でもヨロシ!
【留物】氷見うどん
・・・んも出来上がりつつのイトー不覚の撮り忘れ、でもヨロシ!
なんとか最後の【水物】は押さえ
水物
撃沈、ゲキ満足なイトーであった。いやあイイわぁ!
イトーでき上がり

 

ジワ〜っと暑いね!

 
むしむしむしむしっ。
むし暑いったらアリャしない。
こんな日は新東寿司で暑気払い。
新東寿司
ど〜だ、いつもの握り、ゆ〜ことなし!
後ろにはキスとヒラメが控えておる。ウ〜ンゆ〜ことなし!
ってことで今日はブログもゆ〜ことなし!
・・早く梅雨あけないかなあ・・。
プロフィール

taquantaquan

Author:taquantaquan
シアワセにつながることが行動の基本です。美味しいものを食べたり楽しいところへ行ったりする事も大好きです。だから毎日頑張ってます!






検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR