イトウタカシの日常

RSS     Archives
 

ムンチ(ネコ)との関係について。

 
IMG_6578.jpg
コイツがウチに来てからもうずいぶんと時間が経つ。
はじめはネコと認識され飼われだした。
本人(ネコ)も猫としてウチに住むようになった。
ボクたちはギクシャクとした毎日を過ごした。
ボクが静かにしていたい時にも彼(ネコ)はおかまいなしにジャレまくったり、
真剣に噛みついた。ご飯をあげてもあたりまえの顔をするし、
呼んでも鳴かないしプイッとどこかにいってしまうし、
とにかくボクを見る目が冷めていた。
完全に他人の関係。借りてきた猫ってのはこ〜ゆ〜ことをゆ〜のだろうね。
それでもボクは彼(ネコ)に語りかけ続け、
彼(ネコ)が好みそうなことはなんでもした。
そのうちに彼(ネコ)もだんだん心を開いてきて、
ご飯を激しく鳴いて要求するようになったり、
いっしょに遊ぼうよぉ、って寄ってきたり、
スリスリッと体をすりよせてきたりするようになった。
そして一番変わったのは、彼(ネコ)のボクを見る目だ。
何かを言おうとしていたり訴えようとしていたり、
表情が豊かになった。
今ボクたちは、見つめ合うことで会話が出来る。
何がしたいのか何をしてほしいのかがわかる。
・・もしかしたらこ〜ゆ〜のが愛情ってやつかもな。
彼(ネコ)もボクもおたがい少し成長したんだろね!


スポンサーサイト

Comment


プロフィール

taquantaquan

Author:taquantaquan
シアワセにつながることが行動の基本です。美味しいものを食べたり楽しいところへ行ったりする事も大好きです。だから毎日頑張ってます!






検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR