イトウタカシの日常

RSS     Archives
 

お正月の雑煮について

 
ウ〜ンもうじきクリスマス。それが過ぎればお正月。
お正月と言えばお雑煮。
ozouni_kanto.jpg
こんなんとか・・。
4dd8218c14ac6671848f76102beb8874.jpg
こんなんとか・・。
0604ff51a76d869473140144ea4fd8a2.jpg
こんなん・・じゃありませんよ!ボクのお雑煮は・・。
餅、餅菜(正月菜)だけを醤油出汁で煮て、花鰹をかける。
それだけのシンプルなもの。
海老とか野菜とか蒲鉾とか色々入ってちゃダメなのです。
もちろん餅は焼き餅ではなく、そのママ投入。
なので出汁の味付けは少し濃いめに。コレが美味いのだ。
ポイントは、美味しい餅と新鮮な餅菜。
当たりまえなんだけど最近ベチャッとした餅ばっかで美味しい餅が少ないね。
餅菜も見つけるのも難しくなったしね小松菜で代用だもんね。
まあそれぞれの地域による食文化の差の話ではあるけれども、
素材の味を楽しむこの地方に育ったのは良かったかな??


江戸時代、尾張藩を中心とした東海地方の諸藩では、武家の雑煮には餅菜(正月菜)と呼ばれる小松菜に近い在来の菜類(あいちの伝統野菜)のみを具とした。餅と菜を一緒に取り上げて食べるのが習わしで、「名(=菜)を持ち(=餅)上げる」という縁起担ぎだったという。(この影響もあり、現在でも名古屋市周辺では餅と餅菜のみの雑煮が見られる)

な〜〜るほどぉ!
スポンサーサイト

Comment


プロフィール

taquantaquan

Author:taquantaquan
シアワセにつながることが行動の基本です。美味しいものを食べたり楽しいところへ行ったりする事も大好きです。だから毎日頑張ってます!






検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR