イトウタカシの日常

RSS     Archives
 

蟹についてチト思うことが・・。

 
正月も3日。チョット餅とかおせちとか飽きてきました。
う〜んかといってクドいモノはねえ・・。
そうそうカニなんてイイですね!
こうプリプリッといたアシの身をアウ〜〜ンって、
そして甲羅の味噌をカブカブ〜〜っと、ね。
オッとヨダレヨダレ。
でもこのカニ。ひらがなのかに。かたかなのカニ。
英語のクラブ。・・これらは別に違和感なく受け入れられるが、
漢字だけはど〜も、ねえ。美味しくなさそ〜だし。ねえ。
“蟹”コレっ。
解に虫だよ。あんなに美味い物が“虫”だよ!
“解”もどう考えても食べ物に使う字じゃないよね!
で、調べてみました。
蟹」という漢字は、まず「解」と「虫」とに分けられます。そして、「解」という字は、「角」「刀」「牛」に分けられ、これは「刀で牛の体から角を切り離す」ということを表しています。
そこから「わける」「バラバラにする」「わかるようにする」などの意味になったそうです。
「虫」という字は、現代では昆虫類をイメージしますが、漢字が生まれた古代中国では、小動物の総称を意味していました。そういえば、「蛇」(へび)や「蛙」(かえる)にも「虫」という字が入っていますよね。

・・・いずれにしても食べるイメージはわいてこないねえ。
やっぱ、“蟹”は食べ物ではないな!
かに。カニ。クラブ。を美味しく頂きましょう!
スポンサーサイト

Comment


プロフィール

taquantaquan

Author:taquantaquan
シアワセにつながることが行動の基本です。美味しいものを食べたり楽しいところへ行ったりする事も大好きです。だから毎日頑張ってます!






検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR