FC2ブログ

イトウタカシの日常

RSS     Archives
 

創作の形成に力になった人々。

 
やはり影響を受けた作家は数は少ないがいる。
え〜っと、田中 一光、磯田 尚男、デイヴィッド・ホックニー、
ジャン=ミシェル・バスキア、元永 定正、有元 利夫、
・・う〜〜んこんなところかな??
まあみんな共通点はないけれどスバラシイ表現者たちだ。
田中 一光は日本を代表するグラフィックデザイナー。
文字を大切にしたデザインはとてもカッコよく、
学生の頃はよく真似したもんだ。
磯田 尚男は大学の我が恩師。
全てにおいてボクにとってのデザイナーの見本みたいな人だった。
先生みたいな作家になりたいなと思いながら今日まで来てしまった。
追いつかない存在だわな。
ウムしかし先頃お会いする機会があった時に、
『立派になられたねえ』とお声をかけて頂いた。
まあお世辞でも嬉しかったわ!
デイヴィッド・ホックニーはイギリスの作家だけど、
今でも制作する上で少なからず参考にしている。
線画にしろ着彩にしろ才能がほとばしる作品群は圧巻である。
創作のお手本、ですかね。
ジャン=ミシェル・バスキアはアメリカの作家。
薬物依存症によって若くして亡くなったが、
そのラクガキ風の奔放な作風は自由で気持ちがよく、
自然に心をつかんでしまう魅力がある。
バスキアには制作に取り組む前の心構えを教えてもらったな。
元永 定正は抽象画家。
そのユニークな造形はユーモラスで不思議な可愛らしさを持ち、
画面は巧みな構成力でバランスをしっかり保っている。
色彩も原色系を上手く使って見応えがある。
う〜んこの人にもいろいろ教えられたな・・。
有元 利夫は大手広告代理店から絵描きさんになった変わり種。
女神を思わせる人物像をモチーフとした作品は、
レトロな味わいで重厚感のある仕上りになっているが、
さすが広告デザインを経験しているだけに構図が垢抜けている。
ホワイトスペースを上手く使って現代アートの様相を呈している。
刺激を受けた順に羅列してみたが、今あらためて考えてみると、
みんなスゴいね・・近づく努力はしてるんだけどねえ・・。
“Art is long, life is short.”ってことだね!!





スポンサーサイト



Comment


プロフィール

taquantaquan

Author:taquantaquan
シアワセにつながることが行動の基本です。美味しいものを食べたり楽しいところへ行ったりする事も大好きです。だから毎日頑張ってます!






検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR