イトウタカシの日常

RSS     Archives
 

300円の納付金。

 
先日、市民税の納付金額を少しばかり
間違えてしまった。そう、長久手市民税です。
長久手町だった頃の用紙は金額が印字されてなくて
自分で書き込むモノだったので、
ついうっかり300円ほど少なめに納付してしまった。
“しまった!”と思ったが、まあ、来月余分に納付しとけばいいかと、
軽く考えていた・・・・。
そしたら、ある日。ボクが外出しているときに事務所に、
『長久手役場から市税の不足分の督促状が届きます』と、
電話があったそうだ。
(なんでそんなことで電話してくるんだ、無駄だ!)と心の中で。
そして、件の督促状のはがきがボクの手元に届いた。
それは、『長久手市からのお知らせ』として
一枚めくると『督促状300円なり』みたいなことが書いてあった。
でどこにも納付書のたぐいが付いていない!
しょうがないので、連絡先と書いてあった『納税課』に
電話をした。(無駄だ!)
「はい、長久手市会計課でございます」
(いろいろ問題が起こらないような非常にカンジのいいおにいさんだ)
「あのお、督促状もらったんですが。」
「あ、はい、申し訳ございませんがお名前を頂戴できますでしょうか」
(あくまでもカンジのいいおにいさんだ)
「あ、そ〜しましたらですねえ納付書をお送りしますので
 恐れ入りますけれどもよろしくお願いいたします」
(最後までカンジのいいおにいさんだった)が(無駄だ!!)
結局この300円を納付するまでに何があったかとゆーと、
まず、長久手市役所から『督促状が届く』とゆー主旨の電話があり、
『督促状』が届いた。届いたら長久手市役所に電話で説明を聞いた。
長久手市役所から『納付書が届く』とゆー主旨の話しを聞き、
待っているとやがて、キッチリと『¥300』と印字された『納付書』が届いた。
そして、『¥300の納付書』を持って、銀行に支払いに行った。
(やっぱり無駄だ!!)
まあ、元はと言えば間違えたボクがいけないんだけどね。
でも、あんなの自分で書きゃいいんじゃないの?。
ちなみに今期分の納税書はキッチリ印字されていた。
市制になって、いろいろシステマティックになっていくのは分るけど、
イライラしてしまうコトも増えるんだろなあ。
ほどほどに融通の利く組織に育って欲しいものである。


スポンサーサイト

Comment


プロフィール

taquantaquan

Author:taquantaquan
シアワセにつながることが行動の基本です。美味しいものを食べたり楽しいところへ行ったりする事も大好きです。だから毎日頑張ってます!






検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR