イトウタカシの日常

RSS     Archives
 

『合端のなじみ』ですね。

 
学生時代バランスの悪い作品とか、サマになってない作品とか、
作ってしまうと先生に、
「う〜ん、合端(あいば)があってないな」ってよく言われたなあ。
「合端のなじみってモンがあるんだよ」とか、
何のことかってゆーと古いお屋敷とかの入り口にある
飛び石のこと、その並べ方のことなのです。
合端
つまり飛び石は、でっぱりとへこみを微妙なバランスで合わせていく
コレを合端とゆー
その繰り返しをウマく組み合わせて置いていく。
そうして並べると自然に家の中に気持ちよく入っていけるのだそうだ。
それが『合端がなじんでいる』とゆーらしい。
今考えると、ボクの駄作に対して先生はなんと高尚な批評をして
くれてたんだろうか!いやあもったいない!
ホントそ〜だよね。何事も合端をなじませる!
大切なコトですね!



スポンサーサイト

Comment


プロフィール

taquantaquan

Author:taquantaquan
シアワセにつながることが行動の基本です。美味しいものを食べたり楽しいところへ行ったりする事も大好きです。だから毎日頑張ってます!






検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR