イトウタカシの日常

RSS     Archives
 

『黄色い涙』思い出した。

 
事務所でなんかの拍子に、漫画家『永島慎二』の話しになった。
あのドカベンとかの水島新司じゃないよ
有名なのは、『柔道一直線』だけども、
ボクが好きなのは、『フーテン』とか『漫画家残酷物語』なんかです。
中でも『黄色い涙』は、NHKの銀河TV小説でも放映されて(1974)
毎週楽しみに見てました。内容は何人かの若者の貧しいけど、
夢に向かって生活している毎日をつづった物語だったように記憶している。
当時、ボクもそんな青春時代を送っていたので妙にかぶさって、
引込まれていったね。
そ〜だ!思い出した。そのドラマの中で、
ある日ダラダラと過ごす仲間たちに1人の若者が真面目な口調で、
“人生は一回しかないんだぞ!ドラマチックに生きなきゃいけないんだ!”って
涙ながらに訴えるシーンがあるんだけど、メチャクチャ共感して
感動した・・・。と、ゆー話しをしてたんだ。で永島慎二の話しになったんだ。
黄色い涙
古本でアマゾンなんかで200円くらいで売っている
ボクも買ってしまった。(送料のが高く付くので気おつけよう)


永島 慎二(ながしま しんじ、1937年7月8日 - 2005年6月10日)は、日本の漫画家。本名は永島 眞一(または真一、ながしま しんいち)。東京都出身。本名は、眞一だが、出版社のミスで慎二となりその後は慎二を使用。




スポンサーサイト

Comment


プロフィール

taquantaquan

Author:taquantaquan
シアワセにつながることが行動の基本です。美味しいものを食べたり楽しいところへ行ったりする事も大好きです。だから毎日頑張ってます!






検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR