イトウタカシの日常

RSS     Archives
 

学生の爛漫さ。

 
学校で、授業の最初は出席を取る。
ボクの場合問題なのは、
“村松”さんと“松村”さんがいる場合だ。
“村松さん”を“松村さん”と呼びそうになってしまうのだ。
逆もそう“松村さん”を“村松さん”と、一瞬考えないと間違えそーになってしまう。
現に2,3回間違えている。ホント“村松さん”と“松村さん”に限ってだ。
出来ればいない事を願うしだいです。
まあ、それはともかくとして、学生はいいよね。やっぱ若いってことかしら、
いろいろ悩みを抱えてるみたいだけれども、
屈託のない笑顔を見ると羨ましく思ってしまう。
思えば、ボクも学生時代そんなフーに教授に思われていたかもしれないなあ。
何も描かずに白い紙を貼ったパネルに埃がたまったので
そこに指で絵を描き、「コレは埃高き作品です」なんて
プレゼンしたり、課題もせずに京都とかに遊びにいって
提出日に「作品はボクの目の中にあります」なんてまじめな顔して言ってみたり、
さぞかし、屁理屈をこねるヤツだと思われていただろう。
しかし、その時先生はボクを否定するでもなく、
「まあ、技術が先行するよりはいいわなぁ」と言っていただいた。
その意味はその時は分からなかったけれども、
最近ようやく分かった。『人生楽しめる事が最高なんだ』と、
そしてモノを創る人には、まずそれが必要で、
技術とゆーのはその後に必ず付いてくるもんなんだと。
そーゆー意味だったんですねえ。
あの頃のボクと学生の笑顔を重ね合わせる一日でした。

スポンサーサイト

Comment


プロフィール

taquantaquan

Author:taquantaquan
シアワセにつながることが行動の基本です。美味しいものを食べたり楽しいところへ行ったりする事も大好きです。だから毎日頑張ってます!






検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR