イトウタカシの日常

RSS     Archives
 

『姓』を訓読み『名』を音読みにする。とカッコいいぞ!

 
「イトータカシ」ってゆーシンプルな名前が、
チョット気に入らない時期があったってゆー話しを前にした。
しかし、音読み訓読みを駆使するとカッコいい
名前になる事を発見した!(そんな大袈裟な事でもないんだが)
たとえば、やってる。
イトーはもともと音読みタカシは訓読み
で、どうするとカッコいい呼び方になるかとゆーと、
『姓』を訓読み、『名』を音読みにする。そ〜すると
あら不思議、高貴で賢そうなそして勇ましい名前になるではないか!
やってみる!
まず、イトーの『伊』コレは訓読みで『これ』と読むらしい。
トー『藤』はもちろん『ふじ』。
タカシは音読みで『コウ』と読む。
これをつなげるとォ〜。
『これふじ・コウ』さんとなる。
ど〜です何となくアーティスティックなカンジが漂いませんか?
『イトー・たかし』・・・・違いますねえ!!
これ、姓/名、両方音読みにしても姓を音読み名を訓読みにしても、
ダメなんですねえ。
『姓』を訓読み、『名』を音読みの組み合わせに限ります。
試しにもう1人。『山田花子』やまだ・はなこ。コレ全部訓読み。
サンデン・カシ。コレ全部音読み。
サンデン・はなこ。コレ姓を音読み名を訓読み。
そして、『やまだ・カシ』。・・・どう?
スポンサーサイト

Comment


プロフィール

taquantaquan

Author:taquantaquan
シアワセにつながることが行動の基本です。美味しいものを食べたり楽しいところへ行ったりする事も大好きです。だから毎日頑張ってます!






検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR