イトウタカシの日常

RSS     Archives
 

クリムト展そして芸術文化センターに。

 
やれやれ、なんだかんだと忙しく、
やっと、最終日にクリムト展に行くことが出来ました。
クリムト展
いやぁ、さすがに混んでますねえ。
みんなこんなにクリムト好きだったんだ!
まあそ〜だよね、今、観とかないと後いつ観られるかわからないしね。
今回は生誕150年を記念しての展覧会で、
画家とその周辺を余すところなく展示していて、
とても興味深く、クリムトだけでなく当時のウィーンの芸術を堪能できた。
非常に満足できました。「たまにゃ、美術展も観なきゃな」でした。
・・・しかっしぃ。いつも不満に思うのが、かの愛知県美術館である。
美術館は、絵(芸術)を観せるための箱ではないのである。
その展覧会を見る人の気分の高まりを演出する
舞台じゃなければならないのである。
それがど〜だ!愛知県美術館。高まりも何もない。
『ささっ、早く観て帰りなさい』とか、または、
『ほらっ、おっきな会場で観られてシアワセだったでしょ』とか、
ほとんど、上から目線である。
とても、芸術がわかった人々が造った建物とは思えない。
美術館には付き物のプロムナードのかけらもない。
※プロムナード (Promenade) とは、フランス語で「散歩」あるいは
「散歩の場所」(散歩道・遊歩道)を意味する語。
つまり、感動を味わったり、感慨に耽ったりする場所がないのである。
まあ、愛知県民としては恥ずかしいけれども、ココしかないから
しょうがなく観てやっているんだぞ!
今度、造り直すことがあったり、新しい美術館を造ることがあったら、
是非とも、そこんとこヨロシクたのんます!!
クリムト展2

クリムト展3





スポンサーサイト

Comment


プロフィール

taquantaquan

Author:taquantaquan
シアワセにつながることが行動の基本です。美味しいものを食べたり楽しいところへ行ったりする事も大好きです。だから毎日頑張ってます!






検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR