イトウタカシの日常

RSS     Archives
 

卒業制作の時期である。

 
今週は毎日朝から卒業制作のラフチェックで学校に行っている。
いやあ、もうそ〜ゆ〜時期である。
進みの早い学生、遅い学生いろいろであるが、
学生最後の作品に一生懸命に取り組んでいる姿を見るのは、
なかなかイイもんである。
悩んで方向を決めあぐねている学生には、
わかるわかるボクも学生の時はそうだった。となだめたり、
あまりにもカンタンに決めちゃってる学生には、
でもさあもうちょっと考えたらもっとよくなるよ。と諭したり、
まったく何も決まっていない学生には、
コレで最後だから悔いのないようにがんばって。と奮起させたり、
それなりに疲れるのである。
そ〜言えばその昔ボクも卒業制作ではとても悩んだなあ・・。
コレで最後だと思うと気合いが入りすぎて、
アレもやりたいコレもイイゾと考えがまとまらなくって、
とても困った事を思い出す。
あとお金だ。今の学生は卒業制作にお金をかける、なんてコトは、
考えられないだろうが、
ボクが学生時代は、卒業制作は一大事業だった。
なので、アイデアもさることながら、
それにかかる材料費も大切なものであった。
金持ちのクラスメイトはこの時とばかりに、
物量にモノを言わせてきた。
ボクはお金がなかったので、
なるべくお金をかけないで制作した。
ど〜やらそれが災いしたらいく、
額装などをケチったため貧相な
プレゼンテーションになってしまって、
金にモノを言わせたヤツらと見せ方で差がついてしまった。
会場でカッコイイ額におさまった作品を観て、
悔しさを噛みしめたコトを思い出す。
未だに作品の出来はボクのほ〜が上だったと思っている。
いや負け惜しみではない!ゼッタイ!・・たぶん・・。
あれから何十年も経つが作品の見せ方にはこだわり続けている。
まあ、トラウマってやつかね。





スポンサーサイト

Comment


プロフィール

taquantaquan

Author:taquantaquan
シアワセにつながることが行動の基本です。美味しいものを食べたり楽しいところへ行ったりする事も大好きです。だから毎日頑張ってます!






検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR