イトウタカシの日常

RSS     Archives
 

整形外科、行って参りました!

 
実は、先日原因不明で痛めた左足の甲がまだ調子良くないので、
思い切って近くの整形外科クリニックに行ってきた。
ココは2,3年前酔っぱらってベッドでしたたか腰をうって、
“折れた折れたぁ〜”とさんざん喚いて行ったクリニックだ。
相変わらずリハビリを受けにくる元気そう?なお年寄りでいっぱいだ。
“あれ◯◯さん久しぶりだねえ”
“いやあちょこっと調子悪くてねえ来れんかったわ”
“あれそれはイカンかったねえ”なんて会話が聞こえてきそうだ。
しばらくしてボクは診察室へと。
そこにはボクの足と思しきレントゲン写真が数枚はってあった。
“おお、なかなかキレイなホネじゃないの”
“自慢じゃないけど足はキレイだからな”
“足の裏のアーチもキレイに弧を描いているわ”などと悦にいっていると、
先生が登場する。
「あなたイトーさん?」
「ハイ」
「あ〜あなた軽い扁平足になってますねえ」
「えっ?ヘンペイソク??」(そんなバカな・・)
「この画像、わかりますかぁ?ホラッ
 足が平べったくなってるでしょ」
「えっ?」(自慢のアーチが・・そんなあり得ない・・)
「はいっ、じゃちょっと歩いてみましょう」
狭い診察室を行ったり来たり、先生はカメラでボクの歩く姿を
撮影している。何となく力が入る・・カッコよく歩こうとする。
「はいっ、自然にね、自然に」
そしてまたその画像を見ながら説明してくれた。
「この画像、見て下さい!ホラッ
両足ともそうだけど特に左足、着地する時に
“ベチャッ”っと着いてるでしょ“ベチャッ”っと」
「ああ、はあ・・」(“ベチャッ”は信じたくない)
「コレ、典型的な扁平足の症状なんですね」
「ああ、そ、そうなんですね」(ボクの足はキレイ・・のはずだ)
「なので着地のたびに体勢を直そうとしているので
 無理な負担が足にかかるわけですね
 それが今回の足の痛みにつながっているんですね」
「ああ、、なるほどぉ」(わかりやすい説明だけどなぜか悲しい気分だ)
診察を終え、病状には納得しつつも扁平足には納得できないボクがいた。
“クソ〜ッキレイな足、取り戻してやるからな”
ってことで元気?なお年寄りに混じってリハビリに通うことになりました。
スポンサーサイト

Comment


プロフィール

taquantaquan

Author:taquantaquan
シアワセにつながることが行動の基本です。美味しいものを食べたり楽しいところへ行ったりする事も大好きです。だから毎日頑張ってます!






検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR