イトウタカシの日常

RSS     Archives
 

2月。考えちゃいました。

 
今日で2月も終わる。
お〜時計の日付変えておかないとな。
・・しかしなんで2月だけ短いんだ??
なぜ2月だけ短いのかは、暦(こよみ)がどのようにできたのかと深い関係があります。今使われている暦というのは、2000年以上も前に、ローマで作られた暦が、約400年前に改良(かいりょう)されてできたものです。ですから、今のわたしたちにはあまりなじみのない、当時の外国の習慣(しゅうかん)がいくらかのこっているのです。
今は1月が1年の始まりですが、大昔のローマでは3月が1年の始まりとされていました。おそらく、作物の芽がでる春が、1年の始まりにふさわしいと考えたためだと思われます。3月で始まると、2月は1年の最後の月になります。
次に、その2月が28日であった理由ですが、現在の暦は、30日の月と、31日の月がだいたい交互(こうご)にならんでいますが、大昔のローマの人たちは29と31を縁起(えんぎ)のいい数字と信じていました。それで、1か月を29日か31日として暦を作ったところ、最後の2月が28とはんぱになってしまったのです。しかし彼らは、それを気にすることなく、暦を使い始めたというわけです。
その後、何度か暦が作りかえられていくうちに、今のように1か月は30日か31日にかわったのですが、どうしても1年の中に短い月を1つ入れないと、365 日になりません。そのため、今でも一番短い月は2月ということになっているのです。
調べた。
いろいろ難しい問題だけど、コレが一番わかりやすかったな。
でも、結局は人間が決めた法則なんだよな。
だから明日は2月の29日あさっては2月の30日、でもいいわけだよね。
・・自分だけが思ってる分には、ね。
たとえば、ボクは8月20日生まれだから、
8月20日をITO歴1日と定める・・でもいいわけだよね。
・・だから自分だけが思ってる分には、ね。
おお、そ〜すると明日はITO歴193日ってことか。
なんか偉い人になったカンジだなあ!
やっぱメリハリがないなあ・・。
やっぱ3月1日にしといてやるか。
しょうがないウマい法則を考えた頭のいいヤツに免じて、
このままにしてやろう!春ももうそこまでやってきてるし、
・・・そ〜いえば春ってどっからやってくるんだ???

スポンサーサイト

Comment


プロフィール

taquantaquan

Author:taquantaquan
シアワセにつながることが行動の基本です。美味しいものを食べたり楽しいところへ行ったりする事も大好きです。だから毎日頑張ってます!






検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR