イトウタカシの日常

RSS     Archives
 

地域包括ケアシステム。かあ?

 

地域包括ケアシステム
 団塊の世代が75歳以上となる2025年を目途に、重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される地域包括ケアシステムの構築を実現していきます。今後、認知症高齢者の増加が見込まれることから、認知症高齢者の地域での生活を支えるためにも、地域包括ケアシステムの構築が重要です。人口が横ばいで75歳以上人口が急増する大都市部、75歳以上人口の増加は緩やかだが人口は減少する町村部等、高齢化の進展状況には大きな地域差が生じています。
地域包括ケアシステムは、保険者である市町村や都道府県が、地域の自主性や主体性に基づき、地域の特性に応じて作り上げていくことが必要です。
つまり、このまま行くと我が国の医療システムは、
崩壊するので(金がなくなるので)自分の老後は自分で考えなさい。と、
ただケアハウスとか訪問看護とか往診とかも充実させて、
地域でお年寄りが不安なく生活できる環境をつくって行くので、
ご近所のみなさんに見守られておウチで死にましょう!
ってことらしい。早い話が・・。
う〜んど〜も厚労省にうまく丸め込まれてるカンジがするなあ・・。
金持ちの老人は何の問題もないだろうが、
はたしてその頃にはケアハウスの数は十分なのか?
安価で利用できるのか?訪問看護?看護師さんは足りてるのか??
往診なんかすぐに来てくれるの??
そしてそしてホントに地域の人たちが、
面倒みてくれる世の中になるの???
今、ボクはボクの住んでる地区の組長をしているが、
組長なのに、各世帯の家族状況なんて知らない。
ましてやそれぞれのお宅がどんな生活をされているのかも知らない。
そして、自治会を退会される方も少なくない。
そんな現実をみていると、とても『地域ご近所の連携でお年寄りを看て行こう!』
なんて不可能なような気がしてならない。
将来ボクはシアワセな老人になれるのだろ〜か。
ど〜も“?”の多い改革のよ〜ですね。
スポンサーサイト

Comment


プロフィール

taquantaquan

Author:taquantaquan
シアワセにつながることが行動の基本です。美味しいものを食べたり楽しいところへ行ったりする事も大好きです。だから毎日頑張ってます!






検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR