イトウタカシの日常

RSS     Archives
 

作品展にて思うコト。

 
2,3年に1回ほど作品展を開催したり参加したりして、
創作の励みにしている。
そしてそこでいろいろなご意見を頂くのは刺激になる。
今年春に参加した作品展でもたくさんの方とお話をした。
会場に来られた60代と思しき男性。ボクの絵をジ〜ッと見つめ、
「あの〜この黒いド〜ブツは何ですか?」
ボクが「あぁ、ソレは熊です」
男性「くっ、くまっ??」と少しビックリする。
「ほ〜?くま?」と言いながらお帰りになった。
また違う男性。50才くらいか・・。
「この犬はなんで黄色い帽子かぶってるんですか?」
「あっ、ソレ熊でして・・帽子は・・」
「くま??で黄色い帽子??」と言いながら
不思議なものをみたとゆ〜顔をされてお帰りになった。
今度は若い女性。ニコニコしながら、
「ワ〜、オモシロ〜い!楽しいですね」
「いや、ど〜もぉ」
「気分が良くなりましたぁ」と嬉しそうにお帰りになった。
そして少し年配の女性。
「色がパッとしていてイイわ〜」
「雰囲気もイイわね〜」
とお褒め頂きお帰りになった。
このように男性は絵をナントカ理解しようと努力される方が多いですね。
だから犬だと思っていたものを熊だと言われると、
きっと難解なものになってしまうんですね。
女性は「キレイ」とか「カワイイ」とかで解釈する
感覚的な方が多いようですね。
まあ、どっちが良いか悪いかの問題ではナイですが、
ボクとしては作品展では女性と話しているほ〜がラクかな??


スポンサーサイト

Comment


プロフィール

taquantaquan

Author:taquantaquan
シアワセにつながることが行動の基本です。美味しいものを食べたり楽しいところへ行ったりする事も大好きです。だから毎日頑張ってます!






検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR