イトウタカシの日常

RSS     Archives
 

携帯電話とマッキントッシュ。

 
いまから24,5年前。
進歩したケータイ電話の登場とMacの登場で、
ボクの生活環境はもの凄く変わった。
それより前の携帯電話はケータイするには大き過ぎて、
まるでトランシーバーのようなモノであった。
1991年超小型携帯電話「ムーバ」がこの年の4月に発売。
それが、超小型携帯電話「ムーバ」として、
今のケータイ電話と同じくらいのサイズのものが発売されたのだ。
正確にゆ〜と今のスマフォなんかよりもずっと小さかった。
機能としては電話の送受信しか出来なかったけれど、
外からの通信手段が公衆電話やポケベルしかなかった時代に、
画期的だった。「ムーバ」を持ってるってコトは最先端を意味していた。
ボクも意識した1人だ。
『コレでボクの通信環境はてきめんによくなるぞ』
そしてなんてトレンディなことかと思いながら、
ケータイを弄くっていたもんだ。
・・しかしその「ムーバ」はちっとも使い勝手がよくなかった。
2〜3分喋るともう電池がもたなくなっていたし、
通話も明瞭ではなかった。
予備のもの凄く分厚い電池パックを持ち歩き、
「あ〜電池切れるから詳しい話は公衆電話からかけ直すわ」
なんてトンチンカンな会話を交わしていた。
・・・大丈夫か?ケータイの未来??な〜んて思ってた。
そしてMacだ。
デ、デスクトップ、パ、パブリッシング??だと??
『そ〜かコレからは切ったり貼ったりせずにデザインが出来ちゃうのか』
コレは画期的なモノだすぐさま導入しなければと思い・・
se.jpg
・・ナ、ナニこれっデザインなんて出来ないじゃん、嘘つき!!
apple021.jpg
こんなカタチのフロッピィの入る機種がありましたね。
重たいデータは処理能力がたらず、すぐフリーズしてましたね。
・・・大丈夫か?Mac?
将来ホントにきちっとデザイン出来るようになるの??な〜んて思ってた。
ウ〜〜ンボクの“?”は全て取り越し苦労だった。
ケータイもMacもあれから目覚ましい進歩を遂げ、
“スゥ〜〜サクサク、ポン!”の、
カンタン便利な世の中になった。
ケータイがあるので、待ち合わせ場所なんかキチッと決めなくても
テキトーでよいし、連絡なんかもメールでチャチャット。まあテキトーに。
Macがお利口なのでなんでも作ってくれちゃうし、
この赤いクルマが気に入らないので青くしてしまいましょう!
まあカンタンカンタン!
・・・・ボクは進歩しているんだろうか・・??



スポンサーサイト

Comment

セパレートのMac

セパレートのMac、まだ持ってます。押入れの中に。
HDが250MBのやつです。
CDRの約1/3。たかが18年くらい前の事なんですけどね。

2015.02.12 | ともゆき[URL] | Edit

Re: セパレートのMac

> セパレートのMac、まだ持ってます。押入れの中に。
> HDが250MBのやつです。
> CDRの約1/3。たかが18年くらい前の事なんですけどね。

智之さん、ホントここ20年くらいでもの凄くDTPの世界は変わりましたね。
良いか悪いかは別にして機械に使われる生活にならないように気をつけています。

2015.02.13 | taquantaquan[URL] | Edit

プロフィール

taquantaquan

Author:taquantaquan
シアワセにつながることが行動の基本です。美味しいものを食べたり楽しいところへ行ったりする事も大好きです。だから毎日頑張ってます!






検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR