イトウタカシの日常

RSS     Archives
 

不二家とナイフとフォークと。

 
ボクの大学の先生はずいぶんとこだわりのある人だった。
いろいろな事柄に一家言をもっていた。
ほとんどの事は『う〜むナルホドォ』と納得できたが、
1つだけコレは・・と思うコトがあった。それは、
「いいかね西洋の人はナイフとフォークで食事をするよな」
「そもそもナイフとフォークは武器なんだよ」
「そして狩りした獲物の肉を分けるためにも用いたんだ」
「そう言う肉食文化の名残がナイフとフォークなんだな」
「箸で食事をする我々とは食事の何たるかがまったく違うのである」
・・・てな事を宣った。
ボクは、小さい頃、毎月1度、よそ行きの服(一張羅とも言う)を
着せてもらい街へランチを食べに連れて行ってもらっていた。
そう“不二家のハンバーグ”を食べに!
ウチは貧乏だったのでたぶん月イチの贅沢だったのだろう。
その日は嬉しくて嬉しくて朝からワクワクドキドキだった。
そして一番の楽しみはナイフとフォークでごはんが食べられる事だった。
ボクにとってナイフとフォークは夢と希望の道具だった。
右手にナイフ左手にフォークを構えると、
ジュワ〜〜っと食欲がわいてきたし、
自分がなんか一回り成長した気分にもなった。
・・なのでその時の先生の言葉が素直に聞けなかったのだろ〜な。
でもいまもボクはナイフとフォークを使って食事をする時は、
特別な感情がわくね。
懐かしさと、少しの興奮と、高ぶる食欲と、かな・・・。

スポンサーサイト

Comment


プロフィール

taquantaquan

Author:taquantaquan
シアワセにつながることが行動の基本です。美味しいものを食べたり楽しいところへ行ったりする事も大好きです。だから毎日頑張ってます!






検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR