イトウタカシの日常

RSS     Archives
 

『総合的な学習の時間』だと。

 
『小学校の総合的な学習の時間には教科書などがないそうなのです。
でその副教材を作ろうとしています。イトーさん手伝ってください』
との依頼。
オ〜小学生かぁ・・。
しかし最近の小学校の教科書っていったいど〜なっているんだ?
さっぱり見当がつかんぞ??
ボクらの時のとは絶対全く確実にちがうだろ〜しなぁ??
だから今使用されている教科書を見てみることにする。
周りで小学生のいるご家庭お願いして、
教科書を見せてもらった。
いやぁ、驚いたね!カラフルだし、
内容もよく考えられているし、やる気になるよね。
自然に楽しんで学習できるってカンジ。
「よ〜し勉強するぞ!」ってんじゃなくってね!
ホント感心しました。
日本の小学教育は明らかに向上していると思いましたね。
ボクが小学生の頃の授業も教科書も面白いとは言い難かったもんなあ。
硬かったし、無理やり勉強させられていたもんなあ。
そうそう、ボクらの時代は受動的勉強、今は能動的学習。
いづれにしろ面白いおシゴトになることは確かだ!
ウシッ、気合を入れて能動的にね、能動的なおシゴトを!


日本の総合的な学習の時間(そうごうてきながくしゅうのじかん)は、児童、生徒が自発的に横断的・総合的な課題学習を行う時間である。学習指導要領が適用される学校のすべて(小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校)で2000年(平成12年)から段階的に始められた。なお、総合的な学習の時間とは、教育課程においての時間種別を表す用語であり、各学校における総合的な学習の時間の名称は、各学校が独自に定めることになっている。
この時間は、国際化や情報化をはじめとする社会の変化をふまえ、子供の自ら学び自ら考える力などの全人的な生きる力の育成をめざし、教科などの枠を越えた横断的・総合的な学習を行うために生まれ、ゆとり教育と密接な関連性を持っている。
スポンサーサイト

Comment


プロフィール

taquantaquan

Author:taquantaquan
シアワセにつながることが行動の基本です。美味しいものを食べたり楽しいところへ行ったりする事も大好きです。だから毎日頑張ってます!






検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR